2018.10.19  5

「交通事故」加害者と被害者 二つの家族と心の闇を描く 瀬戸山美咲×青年座『残り火』 11月22日から下北沢 ザ・スズナリで上演



劇団青年座「残り火」
劇団青年座「残り火」
 

青年座による舞台「残り火」が11月22日から下北沢 ザ・スズナリで上演される。作はミナモザの瀬戸山美咲。

 
今年創立64年目を迎えた劇団青年座は「創作劇の上演」にこだわり、最近では古川健『旗を高く掲げよ』、太田善也『真っ赤な UFO』、中津留章仁『断罪』、長田育恵『砂塵のニケ』を上演してきた。

そして今回は、ミナモザの瀬戸山美咲による書き下ろし新作「残り火」をザ・スズナリで上演する。

出演は山本龍二、松熊つる松、須田祐介、市橋恵、平尾仁、麻生侑里、逢笠恵祐、山野史人、安藤瞳。
演出は、これまで多くの劇作家と新作に取り組んできた青年座の黒岩亮が手掛ける。

 

STORY

急成長中の居酒屋チェーンを経営する藤田健太郎は今から12年前、
高速道路で煽り運転の末に交通事故を起こし、
当時8歳だった少女沢渡美希を死なせてしまった。

その後、健太郎が服役中の7年間は、
古くからの友人である滝本学の援助により、家族はなんとか生きてきた。
出所した健太郎は居酒屋をオープンさせ、妻、弁護士の長男、ハワイ留学を計画中の
長女と豊かな生活を送るようになった。

しかし、ある男が健太郎の目の前に現れたことにより状況は一変する。

 
本作は11月22日(木)から下北沢 ザ・スズナリで上演される。
詳細は公式サイトで。

(文:エントレ編集部)

 

 

 

公演情報

劇団青年座 第234回公演「残り火」

【作】瀬戸山美咲
【演出】黒岩亮

【出演】
山本龍二 松熊つる松 須田祐介 市橋恵 平尾仁 麻生侑里 逢笠恵祐 山野史人 安藤瞳

2018年11月22日(木)~12月2日(日)/下北沢 ザ・スズナリ

公式サイト
劇団青年座 第234回公演「残り火」

プレイガイドで検索
青年座 ぴあicon ローチケicon イープラス

 シェアする

 ツイート

 シェアする


 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2018 Village Inc.