2018.10.19  10

大阪の戦う劇場インディペンデントシアター1stが年末で閉館 ⇒ 2019年6月に完全新築で復活オープン



independent theatre 1st
independent theatre 1st
 

大阪の小劇場 インディペンデントシアター1stが2018年12月末で閉館される。そして、2019年6月に完全新築でリニューアルオープンされることが発表された。

 
インディペンデントシアターグループは、2000年にオープンした映像上映の為の空間「JUNGLE in→dependent theatre」を原点に、改装を経て演劇など舞台表現にも対応できるキャパ約80席の劇場(2006年8月よりin→dependent theatre 1stに改名)として2000年10月にスタート。若手の演劇人を中心に密度の濃い熱のこもった小屋として愛されてきた。

2004年10月には、そこで育ってきた演劇人やスタッフ達の次なるステップとして、キャパ約160席の新劇場「in→dependent theatre 2nd」をオープン。若手だけでなく、中堅やベテランをも巻き込んで、大阪小劇場シーンの底辺から中核を担っている。

 
その in→dependent theatre 1stが、2018年12月末に閉館されるが、場所を移して完全新築で甦ることが発表された。

なお、現在の劇場での最後の演劇公演は、iPpei「メガネニカナウ4」(11月27日~12月3日)だが、12月13日(木)~15日(土)に1stの歴史と思い出を振り返るトークイベントを開催予定とのこと。

劇場プロデューサー 相内唯史がこの「閉館&新築開館」についての想いや事情を綴ったブログはこちら。
1stに関して大事なお知らせ
 

(文:エントレ編集部)

 

 

 

公演情報

公式サイト
インディペンデントシアター 公式サイト
1stに関して大事なお知らせ

 シェアする

 ツイート

 シェアする


 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2018 Village Inc.