2018.10.17  29

円熟な40代男たちによるゴツプロ! 舞台「阿波の音」2019年1月東京・大阪で上演/2月には台北公演も


 ≫広告掲載のご案内


ゴツプロ!第四回公演「阿波の音」
ゴツプロ!第四回公演「阿波の音」
 

脂の乗った40代男性俳優のみで構成されるゴツプロ!による舞台「阿波の音」が2019年1月から東京・大阪で上演される。2月には台北公演も行われる。

 
ゴツプロは、2015年に「ふくふくや」の中心メンバーである塚原大助をはじめ、浜谷康幸、佐藤正和、泉知束、44(よし)北川、かなやす慶行、渡邊聡という7人のメンバーで構成される劇団。
全員40代で、小劇場界で10年、20年と活躍し続ける脂の乗った男たちによる濃厚な人情喜劇が好評を博している。

 
ゴツプロ!第三回公演「三の糸」(C)ゴツプロ!
ゴツプロ!第三回公演「三の糸」(C)ゴツプロ!

ゴツプロ!第三回公演「三の糸」(C)ゴツプロ!
ゴツプロ!第三回公演「三の糸」(C)ゴツプロ!

 
2018年1月に上演した『三の糸』では日本の伝統的な楽器・津軽三味線を劇中に取り入れ、東京・大阪公演に加えて台湾公演を成功させた。

そして今回は2019年1月にゴツプロ!第四回公演「阿波の音」の東京・本多劇場、大阪・近鉄アート館、そして同年2月に台湾・台北公演を華山1914文創園区烏梅劇院(ウーメイシアター)で上演される。
 
 

STORY

昭和38年

あの頃の大人たちは、未来に何かを残すため、
毎日必死に生きていた。
太陽に向かって生きていた。

阿波の踊りに想いを託し、
毎日笑って生きていた。

踊る阿呆に観る阿呆、
同じ阿呆なら踊らにゃソンソン!

 
チケットの一般発売は2018年11月11日(日) 午前11時から。

本作は2019年1月9日から東京・下北沢 本多劇場で開幕。その後、大阪・台北で上演される。
詳細は公式サイトで。

 
(文:エントレ編集部)

 

 

 

公演情報

ゴツプロ!第四回公演「阿波の音」

【脚本】竹田 新
【演出】山野 海

【キャスト】
塚原大助 浜谷康幸 佐藤正和 泉 知束 / 津田恭佑 山本啓之 熊田健大朗 谷口就平 風間 八
/かなやす慶行 渡邊 聡 44北川

2019年1月9日~14日/東京・本多劇場
2019年1月18日~21日/大阪・近鉄アート館
2019年2月15日~24日/台北・鳥梅劇院

公式サイト
ゴツプロ!第四回公演「阿波の音」

プレイガイドで検索
ぴあicon ローチケicon カンフェティ ほか

 シェアする

 ツイート

 シェアする


 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2018 Village Inc.