2018.10.12  9

執着をテーマに描く男の物語 山西竜矢のピンク・リバティ「夕焼かれる」11月13日から下北沢 小劇場楽園で上演


 ≫広告掲載のご案内


ピンク・リバティ「夕焼かれろ」
ピンク・リバティ「夕焼かれる」
 

山西竜矢が主宰するピンク・リバティによる舞台「夕焼かれる」が11月13日(水)から下北沢 小劇場楽園で上演される。

 
ピンク・リバティは劇団子供鉅人所属の山西竜矢が脚本・演出をつとめる演劇ユニット。写実的に切り取られた生々しい情景と、奇妙でカオティックなイメージとがないまぜになることで生まれる、現実世界に限りなく隣接した虚構世界を描く。文芸性と娯楽性の両立をポリシーに、物語に重心を置いた作品作りを行っていることも特徴の一つだ。

2016年3月「艶やかなマチルダ」で旗揚げ。本作「夕焼かれる」から、劇団子供鉅人の番外企画としてではなく、単独のユニットとして独立する。

山西竜矢が作・演出し、第6回QSCでグランプリを受賞した演劇動画作品「さよならみどり」はこちら。

 
今回上演される「夕焼かれる」は山西竜矢が書き下ろした約一年半ぶりの新作長編であり、初のミステリー作品。執着をテーマに描かれる、ある男の虚しい愛と転落の物語だ。

 

Youtubeで観る
 
 

STORY

一番赤い夕焼けを探していた男は それを見つけたとたん
ゴウゴウと燃えて灰になってしまった
晩秋の夕暮れ。和やかな風がススキを揺らす河川敷で、若い男の死体が発見された。
犯人の男は直ちに検挙され、事件は解決を迎えたが、警察の取り調べに男は意味不明な発言を繰り返した。

―――ゴウゴウ ゴウゴウ ゴウゴウ―――

都内雑誌社に勤める青年・谷田兼は、この奇妙な事件の取材に乗り出すのだが―――

一年半ぶりのピンク・リバティ新作公演は、
執着をテーマに描かれる、ある男の虚しい愛と転落の物語。

 
詳細は公式サイトで。

 
(文:エントレ編集部)

 

 

 

公演情報

ピンク・リバティ 第四回公演
『夕焼かれる』

【脚本・演出】山西竜矢

【出演】
大村わたる (柿喰う客/青年団)/平井珠生/橋口勇輝 (ブルドッキングヘッドロック)/大島萌/山西竜矢 (ピンク・リバティ/劇団子供鉅人)/うらじぬの (劇団子供鉅人)/土屋翔 (劇団かもめんたる)/中山まりあ/半田美樹/葉丸あすか (柿喰う客)

2018年11月13日(火)‐11月18日(日)/下北沢・小劇場楽園

公式サイト
ピンク・リバティ「夕焼かれる」

プレイガイドで検索
こりっち

 シェアする

 ツイート

 シェアする


 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2018 Village Inc.