2018.10.5  9

千年に渡って輪廻する人々を舞踊と演劇で描く! 藤川澄十郎プロデュース公演『ゆう』10月16日 浅草公会堂で上演


 ≫広告掲載のご案内


藤川澄十郎 プロデュース公演『ゆう~一本の木が見た千年の夢物語』
藤川澄十郎 プロデュース公演『ゆう~一本の木が見た千年の夢物語』
 

日本舞踊家・藤川澄十郎によるプロデュース公演『ゆう~一本の木が見た千年の夢物語』が10月16日(火)に、浅草公会堂で上演される。

 
藤川澄十郎(ふじかわすみじゅうろう)は、日本舞踊 藤川流の二代目家元。幼少より「芸達者」と定評が高く、歌舞伎舞踊の大物への挑戦を続けて着々と実績を積むとともに、自身でプロデュース公演を企画するなど活躍の幅を広げている。

 
「櫓のお七」より 藤川澄十郎
「櫓のお七」より 藤川澄十郎

 
今回上演される「ゆう~一本の木が見た千年の夢物語」は輪廻転生がテーマ。千年の間、生まれ変わり巡り逢う人々の物語を、一本の木の視点からドラマチックに踊りと演劇で描く。日本舞踊の名曲はもちろん、Jポップ、名作映画&ミュージカルショーナンバーなど、数々の楽曲を用いた「日本舞踊エンターテイメントショー」が繰り広げられる。

企画・構成・演出・振付・出演は藤川澄十郎。大沢健がゲスト出演する。

 

Youtubeで観る
Yahoo!映像トピックスで観る
 
 

STORY

『生まれ変わってまた巡り逢おう』
千年を生きた一本の木が命散らす日に見た走馬灯

「義経~平泉~」「白百合の恋」「蝶の道行き」「祭りの夢」「遊郭藤乃屋」・・・など、11幕20場に渡って、日本舞踊と芝居劇のオムニバスで綴る。

生まれ変わり巡り逢う者たちの、時に切なく、狂おしく、鮮烈な物語。

 

藤川澄十郎 コメント

日本舞踊を用いて、バレエのように物語が進行していきます。
一つの物語が、15分~20分で進行していくオムニバス仕立てになっておりますが、途中、夏目漱石の夢十夜の台詞劇があり、義経主従の戦いでは、有名な弁慶の立ち往生と、主従の終焉をスペクタクルに描くなど、演劇的な仕掛けもあり、舞踊ファンのみならず、演劇ファンの方々にも楽しんで頂ける内容になっております。
是非、劇場に足をお運びください。

 
チケットはイープラスカンフェティなどで発売中。
詳細は公式サイトで。

(文:エントレ編集部)

 

 

 

公演情報

藤川澄十郎 プロデュース公演『ゆう~一本の木が見た千年の夢物語』

【出演】
藤川澄十郎
藤川桜子 藤川百合華 藤川織絵 藤川翔竜 藤川瑠璃 藤川皐月 藤川幸貴乃 藤川新之輔 井上優佳 小出健太 酒井緑 佐竹晶子 仲澤大樹 濱田理奈 藤崎栄 村松建志朗 若松純子

【ゲスト出演】
大沢健

2018年10月16日 (火)/東京・浅草公会堂 大ホール

公式サイト
藤川澄十郎 プロデュース公演『ゆう~一本の木が見た千年の夢物語』

プレイガイドで検索
イープラス カンフェティ

 シェアする

 ツイート

 シェアする


 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2018 Village Inc.