2018.10.3  9

junksharp 佐藤拓之+佐藤晃子による二人芝居「Near the far place」10月12日からシアターPOOで上演


 ≫広告掲載のご案内


junksharp「Near the far place-Date6.3-哀しみは遠くあり、けれどもあり、私達は遠くあり、近くあり、ただ残る。」
junksharp Stage12 フライヤー表
 

junksharpによる舞台「Near the far place-Date6.3-哀しみは遠くあり、けれどもあり、私達は遠くあり、近くあり、ただ残る。」が10月12日(金)から東京・シアターPOOで上演される。

 
mtakedaによる舞台空間ユニットjunksharpは1995年始動。2008年に活動を休止をし、沈黙を続けていたが2017年12月に活動を再開した。

今回は、双数姉妹・山の手事情社を経て現在フリーで活躍中の佐藤拓之と、演劇ユニットG.comを三浦剛と共に旗揚げし、舞台俳優だけにとどまらない活躍をしている佐藤晃子による二人芝居をシアターPOOで上演する。
 

Youtubeで観る

 

STORY

表現することの業を背負った二人の距離とすれ違い、立ち向かうことの孤独の一幕。

 
詳細は公式サイトで。

 
(文:エントレ編集部)

 

 

公演情報

junksharp「Near the far place-Date6.3-哀しみは遠くあり、けれどもあり、私達は遠くあり、近くあり、ただ残る。」

【作・演出】mtakeda

【出演】佐藤拓之・佐藤晃子(演劇ユニットG.com)

2018年10月12日(金)~10月14日(日)/東京・シアターPOO

公式サイト
「Near the far place-Date6.3-哀しみは遠くあり、けれどもあり、私達は遠くあり、近くあり、ただ残る。」

プレイガイドで検索
カルテットオンライン

 シェアする

 ツイート

 シェアする


 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2018 Village Inc.