2018.9.26  155

【動画7分】「今やるべき作品」と森新太郎が熱く太鼓判! 中山優馬・矢田悠祐・横田栄司らが出演の舞台『The Silver Tassie 銀杯』制作発表会レポート



舞台「The Silver Tassie 銀杯」矢田悠祐・横田栄司
舞台『The Silver Tassie 銀杯』矢田悠祐・横田栄司
 

中山優馬・矢田悠祐・横田栄司らが出演する舞台『The Silver Tassie 銀杯』の制作発表会が行われた。

 
『The Silver Tassie 銀杯』は、第一次世界大戦から第二次世界大戦へと変遷する激動の1928年に、アイルランドの劇作家ショーン・オケイシーが書いた作品。歌あり、笑いあり、涙ありの賑やかな“反戦悲喜劇”だ。
出演は中山優馬、矢田悠祐、横田栄司など。演出は演劇集団円の森新太郎が手掛ける。

 
本作の制作発表が行われ、演出の森新太郎、出演の中山優馬、矢田悠祐、横田栄司、浦浜アリサ、安田聖愛、三田和代が登壇して意気込みを語った。【動画7分】

 

Youtubeで観る
Yahoo!映像トピックスで観る

 

STORY

第一次世界大戦中のアイルランド、ダブリン。軍からの短い休暇をもらって帰郷していたフットボール選手のハリー・ヒーガン(中山優馬)は、銀杯(優勝カップ)を抱え、歓喜にわく人々の輪の中にいた。だが戦地へ戻る船の出航時間は刻一刻と迫っていた。家族や友人たちに見送られ、ハリーは、仲間のバーニー(矢田悠祐)や同じ共同住宅に住むテディ(横田栄司)らと再び出征する。ハリーの母親(三田和代)は神に 3 人の無事を祈るのだが――。

 
希望に満ちた人生を選択できたはずだった一人の青年ハリー・ヒーガン(中山優馬)が、国家の大義名分ともいえる「戦争」の犠牲になっていく過程を描いた反戦ドラマ。青春期特有の切ない恋愛ドラマも織り込まれながら、幸せと不幸せが背中合わせに存在しているような残酷さや、戦争という異常な状況下でも日々の生活を送る人々の中におこるアイロニー溢れる笑いの要素もふんだんに散りばめられていく。さらには20曲以上の歌にも彩られた作品構成は、不思議な魅力とパワーを持ち、演劇的醍醐味に満ち溢れたスケール感のある作品である。

 

舞台「The Silver Tassie 銀杯」中山優馬
舞台『The Silver Tassie 銀杯』中山優馬

 
中山優馬は、「戦争に行って帰ってきて車いす生活を強いられる青年の役です。エネルギーがあって若さ溢れる大役を頂いたと実感しています。劇中でウクレレを弾きながら歌うところがあり、しっかりとお客様に届けられるように一生懸命稽古したいと思います。」と、意気込んだ。

 
本作は11月9日から世田谷パブリックシアターで上演される。
詳細は公式サイトで。

 

(撮影・編集・文:森脇 孝/エントレ)

 

 

 

公演情報

舞台『The Silver Tassie 銀杯』

【作】ショーン・オケイシー 【翻訳・訳詞】フジノサツコ
【演出】森新太郎

【出演】
中山優馬 矢田悠祐 横田栄司 浦浜アリサ 安田聖愛 土屋佑壱
麻田キョウヤ 岩渕敏司 今村洋一 チョウ ヨンホ 駒井健介 天野勝仁
鈴木崇乃 吉田久美 野田久美子 石毛美帆 永石千尋 秋山みり
山本亨 青山勝 長野里美 三田和代

2018年11月9日(金)~11月25日(日)/東京・世田谷パブリックシアター

公式サイト
舞台『The Silver Tassie 銀杯』

プレイガイドで検索
ぴあicon ローチケicon

 シェアする

 ツイート

 シェアする


 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2018 Village Inc.