2018.8.13  8

毒入りコーラ事件×不思議の国のアリス!? <被害者の心の闇>を描く「関口純の演劇論2/有栖川家の密やかな愉しみ」8月25日から新宿で上演



楽劇座「関口純の演劇論2/有栖川家の密やかな愉しみ」
(C)楽劇座
 

楽劇座による舞台「有栖川家の密やかな愉しみ」が8月25日(土)から新宿・ローズセラヴィで上演される。

 
楽劇座(がくげきざ)が関口存男(ドイツ語学者/踏路社)没後60周年を記念して上演する「関口存男の演劇論」シリーズの第2弾「有栖川家の密やかな愉しみ」が8月25~29日に新宿ローズセラヴィで上演される。

本作は、昭和の未解決事件「毒入りコーラ事件」と名作「不思議の国のアリス」をベースに<被害者の心の闇>を描く異色作。まるで「drink me」と書かれているかのように続々とコーラを飲んでしまう被害者達の心とは?

関口純・五條なつきにインタビューした特集記事はこちら

 
上演後には作・演出の関口純による解説トーク、関口存男の没後60周年を記念した未発表作品朗読劇なども併せて上演される。

 

 

STORY

有栖川ちび子7歳は、ある日家の中のこたつで老人相手の詐欺ビジネスに精を出すオレオレウサギ(詐欺)さんと、マルチ商法で一儲けし、某大手通信会社の買収を夢みるネズミコウ(ねずみ講)君と出会う。

気付けば、こたつの上には「Drink me」と書かれたコーラと、「Eat me」と書かれたチョコレート。「でも、ちび子はお利口さんだから、アリスみたいにそこら辺にあったものを飲んだり食べたりなんかしないわ!」

昭和の日本を揺るがせた<毒入りコーラ事件>をベースに繰り広げられる、<被害者の狂気>を描いた楽劇座の問題作! あなたはそれでも飲みますか? 

 
<上演内容>
関口存男「神田の裏通り」
関口純「有栖川家の密やかな愉しみ」
作品解説トークショー「演劇と社会の境界線~被害者の心の闇について~」&ミニコンサート

 

初演をご覧になったお客様の声

舞台とても面白かったです!まずセットに感動しました。アリスの世界にこたつやテレビ…とても不思議な空間でした。こたつに入って行くところも本当に消えてしまったように見えました。

本当にあった事件と不思議の国の話が合っていて面白かったです。
事故や殺人、誘拐などは普段メディアを通してでしか知る事がなくて、可哀想だなぁといつも他人事のように思っていました。まさに不思議の国の出来事で、現実的ではなかったんです。青酸カリ入りコーラもDrink meと言わんばかりに置いてあったんでしょうか…。飲んでしまった人はアリスの好奇心と同じようなものがあったのだと思います。何故飲んでしまったのだろうと私も思いましたが、実際にDrink meオーラ全開のコーラが置いてあったら私もどうするか分かりません。「普通に考えたら飲まないでしょ!」と思うことも不思議の国に入ってしまったら感覚が麻痺してしまうのかもしれません。

他にもたくさん思ったことがあったのですが、興奮してまとめられそうにありません(笑)叫び声の着信音とか、一生懸命糊付けしてる鼠ちゃんとか、モモンガとか、うー詐欺!とか…全部ここでは言い切れないほど面白かったです!あとちび子のボレロ最高でした!!!!(10代女性)

これまで他人事のように見ていたニュースの中の事件が、本当は他人事ではなかった事に気づかされました。新しい知識を得ながら登場人物達と一緒に考察していくのたたまらなく楽しかったです。(20代男性)

楽劇座「関口純の演劇論2/有栖川家の密やかな愉しみ」
(C)楽劇座

 
なお、8月18日までに劇団からチケットを購入すると関口存男イラスト缶バッジがプレゼントされる。
詳細は公式サイトで。

 
(文:エントレ編集部)

 

 

公演情報

楽劇座「有栖川家の密やかな愉しみ」

【作・演出】関口純
【音楽】関口純

【出演】五條なつき、齋藤蓉子、大西佐依

2018年8月25日(土)~8月29日(水)/東京・ローズセラヴィ

公式サイト
有栖川家の密やかな愉しみ

プレイガイドで検索
楽劇座チケットセンター

 シェアする

 ツイート

 シェアする


 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2018 Village Inc.