2018.7.27  175

【動画5分】安西慎太郎・多和田秀弥らが戦時中の球児を熱く演じる! 舞台「野球」東京公演が開幕


 ≫広告掲載のご案内


舞台「野球」安西慎太郎・多和田秀弥・内藤大希
舞台「野球」多和田秀弥・安西慎太郎・内藤大希
 

安西慎太郎・多和田秀弥らが出演する舞台「野球」が7月27日(金)から、池袋サンシャイン劇場で開幕する。

 
本作の舞台は第二次世界大戦の真っただ中の1944年。日本の敵国であるアメリカの球技「野球」は弾圧され、甲子園は中止されていたという時代にあっても、夢を捨てきれなかった野球少年たちを描いた物語だ。

作・演出は「煉獄に笑う」やミュージカル「薄桜鬼」などを手掛けて来た西田大輔。元プロ野球選手の桑田真澄が野球監修した。安西慎太郎、多和田秀弥、永瀬匡らが出演する。

本作の初日挨拶(始球式)と、公開ゲネプロが行われた。動画は挨拶部分を中心に抜粋し、ゲネプロ映像も少し織り交ぜた。【動画5分】

 

Youtubeで観る
Yahoo!映像トピックスで観る
 
 

STORY

届かなかった、あのマウンドに- 少年たちの生きた夏

1944年- 戦況が深刻化し、敵国の競技である野球は弾圧され甲子園は中止されていた。甲子園への夢を捨てきれず予科練に入隊した少年たちは「最後の一日」に、出身校同士で、紅白戦を行う-

甲子園優勝候補と呼ばれた強豪・伏ヶ丘商業高校。実力は未知だが有力と思われる会沢商業学校。

野球への憧れ、強い仲間への憧れ-

「憧れ」を通して、人が生きていく力、「生きたい」という希望を描く。

 
舞台「野球」初日挨拶より
舞台「野球」初日挨拶より

舞台「野球」
舞台「野球」

 
東京公演は8月5日(日)までサンシャイン劇場で上演。
少し間を開けて、8月25日(土)、26日(日)に大阪で上演される。

 
詳細は公式サイトで。

 

(撮影・編集・文:森脇孝/エントレ)

 

 

 

公演情報

舞台「野球」飛行機雲のホームラン

【作・演出】西田大輔
【野球監修】桑田真澄
【音楽】笹川美和(cutting edge)

【出演】
安西慎太郎

多和田秀弥 永瀬匡 小野塚勇人 松本岳 白又敦 小西成弥 伊崎龍次郎 松井勇歩 永田聖一朗 林田航平 村田洋二郎 田中良子

内藤大希(友情出演・Wキャスト)※東京公演7/27(金)~7/31(火)のみ出演
松田凌(友情出演・Wキャスト)※8/1(水)以降の東京・大阪公演に出演

藤木孝

2018年7月27日(金)~8月5日(日)/東京・サンシャイン劇場
2018年8月25日(土)・26日(日)/大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

公式サイト
舞台「野球」飛行機雲のホームラン

プレイガイドで検索
ぴあicon ローチケicon

 シェアする

 ツイート

 シェアする


 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2018 Village Inc.