2018.7.25  18

神の采配はいずこに。劇団竹『BEAST IN THE UNDERGROUND』が8/8(水)から神田楽道庵で上演


 ≫広告掲載のご案内


劇団竹『 BEAST IN THE UNDERGROUND 』
『 BEAST IN THE UNDERGROUND 』撮影:鷹野隆大
 

劇団竹による舞台「BEAST IN THE UNDERGROUND」が8月8日(水)から東京・神田 楽道庵で上演される。

 
劇団竹はHIGHLEG JESUSに所属していた竹林林重郎(岸潤一郎)が2013年に立ち上げ。同年12月に上演した「涅槃より棘をこめて」では、「メメントモーリ(死を想え)」をテーマに、死者を偲び、壊れゆくもの、滅びと蘇生、を紡ぎだし、人間関係の中での修復と悔恨を探求した。

 
第10回公演『BEAST IN THE UNDERGROUND』は、普段は舞踏やライブ、ヨガなどが行われている楽道庵を会場にして上演される。
 

STORY

「どんなことも起こりうる。美しいことも、醜いことも。
何が起こるか、それは神様の采配次第」

東京の小劇場で活動するアングラ劇団千手弥勒海岸(せんじゅみろくかいがん)。
ある日、所属劇団員が自殺した。その死をきっかけに離脱する劇団員、脚本が書けなくなる主宰、自責の念にかられる者たち。
たった一人の死によって、崩壊寸前となる劇団。その過程で劇団員たちは思う。 「なぜ表現し続けなければいけないのか」「なぜ生き続けなければいけないのか」。
登場人物6人に7つの大罪を背負わせ、モーセの十戒をテーマにした10章で構築された群像劇。

 

 
(文:エントレ編集部)

 

 

公演情報

劇団竹「BEAST IN THE UNDERGROUND」

【作・演出】竹林林重郎

【出演】森川武 (劇団竹)、 江花実里 (架空畳) 、森川結美子、古川奈苗 (兎座)、山川恭平 (Peachboys) 、佐藤友

2018年8月8日(水)~8月14日(火)/東京・神田 楽道庵

公式サイト
BEAST IN THE UNDERGROUND

プレイガイドで検索
カルテット

 シェアする

 ツイート

 シェアする


 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2018 Village Inc.