2018.7.26  10

【稽古場ブログ】実在した「原爆乙女」に光を当てたOn7『その頬、熱線に焼かれ』稽古場レポート(その2)


 ≫広告掲載のご案内


On7「その頬、熱線に焼かれ」
On7「その頬、熱線に焼かれ」
 

実在した「原爆乙女」に光を当てたOn7『その頬、熱線に焼かれ』稽古場レポート(2)

 
こんにちは。

On7『その頬、熱線に焼かれ』稽古場レポート(その2)です!

今回は稽古場での出演者の様子と共に、衣裳についてのお話です。

今作は1956年のアメリカ・ニューヨークにある病院が舞台となります。病院の入院者ということで、寝巻きとして浴衣を着用しているわけですね。

『それにしても、なぜ稽古の段階で浴衣を着るの?』と思った方もいらっしゃるかもしれません。

実は「立ったり座ったり」「物を持ったり」「段差の上り下り」、そういった所作のひとつひとつに洋服と和服とでは大きな違いが出るからなのです。なので、早くからその所作に慣れておくために、本番により近い感覚で芝居をするために、本番の衣裳が和装の方は浴衣を着用して稽古しているんです。

ということで、安藤瞳さんの稽古用の浴衣姿です。

安藤瞳
安藤瞳

 
こちらも浴衣姿の尾身美詞さん。

尾身美詞
尾身美詞

 
さらに渋谷はるかさん。

渋谷はるか
渋谷はるか

 
さらに吉田久美さん。ケータリングでお菓子を選んでるところです。

吉田久美
吉田久美

 
新劇の舞台に多く立ってきた皆さんは流石の着こなし! 和装での立ち居振る舞いも美しいです!

ちなみに、洋装メンバーの衣裳も、この時代のアメリカを反映したお洋服でとても素敵なので、本番をどうぞお楽しみに!

 
公演詳細はOn7公式サイトで!

 
(文:森井沙織)


 

 

 

公演情報

On7「その頬、熱線に焼かれ」

作:古川健(劇団チョコレートケーキ)演出:日澤雄介(劇団チョコレートケーキ)
出演:小暮智美、尾身美詞、安藤瞳、渋谷はるか、保亜美、吉田久美(以上On7)、下池沙知

[東京プレビュー公演] 2018年7月27日/亀戸文化センターカメリアホール
[北海道公演] 2018年7月31日~8月7日/函館・札幌・旭川
[東京公演] 2018年8月9日~12日/東京芸術劇場シアターウエスト
[広島公演] 2018年8月15日・16日/JMSアステールプラザ 多目的スタジオ

公式サイト
On7「その頬、熱線に焼かれ」

プレイガイドで検索
On7 公式サイト

 シェアする

 ツイート

 シェアする


 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2018 Village Inc.