2018.7.10  4

郡司行雄プロデュースVol.133 ミュージカルファンタジー「真夏の夜の夢~LOVE」2018/8月1日からムーブ町屋で上演


劇団BDPアカデミー公演 ミュージカル「彼女たち」

ミュージカルファンタジー「真夏の夜の夢~LOVE」
ミュージカルファンタジー「真夏の夜の夢~LOVE」
 

郡司行雄プロデュースによるミュージカルファンタジー「真夏の夜の夢~LOVE」2018が8月1日(水)から東京・ムーブ町屋で上演される。

 
シェイクスピアの代表作のひとつ「真夏の夜の夢」を元に2007年にミュージカルファンタジー「真夏の夜の夢~LOVE」として初演。
好評を受けて再演を重ね、今回は9度目の再演となる。

脚本・演出・振付 郡司行雄、音楽は美しいメロディーに定評のある玉麻尚一と片野真吾。原作の良さを生かしつつ、恋のドタバタ喜劇をダンス・歌を織り交ぜたミュージカルだ。

 
ミュージカルファンタジー「真夏の夜の夢~LOVE」
撮影:鏡田伸幸(2015年度公演)

STORY

森の中で巻き起こる恋の喜劇・・・父親が決めたディミトリアスとの結婚式から逃げ出したハーミアと恋人ライサンダーは、駆け落ちする為森へと向かう。これを知ったディミトリアスに片想いするヘレナは、ディミトリアスに二人の駆け落ちの事を伝え、自分も森へと向かう。
一方森の妖精の王オーベロンと女王タイテーニアは最近仲が悪い。オーベロンは妃を懲らしめるため、パックに、その雫をまぶたに垂らし一目見るとたちまち恋の虜になってしまう「恋の三色すみれ」を探しに行かせる。そして、ディミトリアスに献身的に想いをよせる娘ヘレナの事を知り、ディミトリアスから愛されるよう、彼にも花の雫をつけるよう命じる。
しかしパックが花の雫をつけたのはライサンダー・・。これによって恋のトラブル勃発! 人間と妖精が織りなす恋の喜劇、果たして真実の愛を手に入れるのは?

 
詳細は公式サイトで。

 
 
(文:エントレ編集部)

 

 

公演情報

アプローズミュージカル「ミュージカルファンタジー「真夏の夜の夢~LOVE」2018」

【演出・振付】郡司行雄
【音楽】玉麻尚一/片野真吾

【出演】郡司行雄 さとう龍二 川原洋一郎 あみ 他

2018年8月1日(水)~8月3日(金)/東京・ムーブ町屋

公式サイト
ミュージカルファンタジー「真夏の夜の夢~LOVE」2018

プレイガイドで検索
カンフェティ

 シェアする

 ツイート

 シェアする


 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2018 Village Inc.