2018.6.21  8

遠吠えの次回本公演を選ぶのは観客!?「遠吠えの、コマーシャル」7月13日から三鷹SCOOLで上演


 ≫広告掲載のご案内


「遠吠えの、コマーシャル」
「遠吠えの、コマーシャル」フライヤー(宣伝美術:raco)
 

遠吠えによる舞台「遠吠えの、コマーシャル『コントロール・アン・ア・アン・アン・コントロール』『ギャル』『猫の呪い』『朝子さんと夕子さん』」が7月13日(金)から東京都・三鷹SCOOLで上演される。

 
「遠吠え」は2013年に木村みちるが立ち上げた演劇ユニット。2018年に参加した佐藤佐吉大演劇祭2018in北区では、舞台『天国と地獄』を上演し、準優勝に当たるシルバーフォックス賞を受賞した。

遠吠え「天国と地獄」
遠吠え「天国と地獄」

 
今回は、作・演出を手掛ける木村みちるが、「書きかけの台本が沢山あるんだけど、どれを上演しようかしら。」と考え込んだ結果、「観に来てくれた人たちに決めてもらったらいいのでは!」と考えたことから始まった企画公演。
4つの演目の最初の15分だけを上演し、15分経つと強制的に暗転、次の演目に移るというスタイルで上演する。

 

15分だけ上演される4つの演目

『コントロール・アン・ア・アン・アン・コントロール』(上演予定時期:2018年初冬)
下町の小さな工場、男たちは来る日も来る日も金属をプレスしている。
隕石でも降ってこない限り変わらないだろうと思っていた日常は、とっくの昔に手に負えなくなっていた。
遠吠えには珍しく、男子多めでお送りします。

出演者:竹内蓮(劇団スポーツ)、二宮清隆(劇団天然ポリエステル)、鈴木茉唯

 
『ギャル』(上演予定時期:2018年初冬上演予定)
高校三年生、ギャルたちは悩んでいた。
恋に、進路に、世界の平和に。
夏の始まり、補習に集まったギャルたちは、最後の夏休みの過ごし方について話し合う。
「いつまでも、ギャルでいられるわけじゃないから、」
遠吠えの通常営業、オール女子でお送りするギャル達の議論劇。

出演者:苺田みるく先生(らぶ・まん)、さんなぎ、田中渚(日本のラジオ)、永田佑衣

 
『猫の呪い』(上演予定時期:2019年夏)
ある日、ある街に住む、ある男に、猫がのりうつった。
男の恋人である女はパニック。
何故、どうして、何があったらこうなるのか。
女は悩んだ。悩んだ結果、友人の女(職業:トリマー)に男をみてもらうことに。
遠吠え渾身のシュールホラー。

出演者:梢栄(劇26.25団)、佑木つぐみ(火遊び)

 
『朝子さんと夕子さん』(上演予定時期:2018年初冬)
朝子さんと夕子さんは二人きりの姉妹。
あまり似ていない姉妹。
中途半端に歳の離れた姉妹。
久々に会った姉と妹は、ほんのちょっぴり互いの秘密を暴露し合う。
墓場には手ぶらで行きたい女二人の会話劇。

出演者:佐藤すみ花(劇団背傅館)、二ツ森恵美(時々、かたつむり)

 
なお、観客には3票が託され、終演後に「これを観たい!」と思った作品に投票できる。1作品に全票投票も可能。1票も投票しないこともできる。
結果は千秋楽である16日に発表。最も票数を集めた1作品を今後の遠吠えの公演で上演する。

 
詳細は公式サイトで。

 
(文:エントレ編集部)

 

 

公演情報

遠吠え「遠吠えの、コマーシャル『コントロール・アン・ア・アン・アン・コントロール』『ギャル』『猫の呪い』『朝子さんと夕子さん』」

【作・演出】木村みちる
【出演】竹内蓮(劇団スポーツ)、二宮清隆(劇団天然ポリエステル)、鈴木茉唯、苺田みるく先生(らぶ・まん)、さんなぎ、田中渚(日本のラジオ)、永田佑衣、梢栄(劇26.25団)、佑木つぐみ(火遊び)、佐藤すみ花(劇団背傅館)、二ツ森恵美(時々、かたつむり)

2018年7月13日(金)~7月16日(月・祝)/東京都・三鷹SCOOL

公式サイト
遠吠えの、コマーシャル『コントロール・アン・ア・アン・アン・コントロール』『ギャル』『猫の呪い』『朝子さんと夕子さん』

プレイガイドで検索
カルテットオンライン

 シェアする

 ツイート

 シェアする


 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2018 Village Inc.