2018.6.15  34

「平成の群像劇団」第27班がハイテンポファンキーホームドラマにて初の下北沢進出



第27班 本公演6つめ「morning sun 晩夏/初春」舞台写真より
本公演6つめ「morning sun 晩夏/初春」舞台写真より
 

第27班による舞台「コーラボトルベイビーズ」が6月22日(金)から東京・駅前劇場で上演される。

 
第27班は、2013年に主宰・脚本・演出である深谷晃成を中心に旗揚げ。長編作品を上演する<本公演>と「安い、近い、多い」をコンセプトに1つのステージにて30分~1時間程度の中短編作品をグループに分け上演する<キャビネット公演>の2つの公演を企画。公演ごとに動員数を増やし、今回は初めて下北沢に進出する。

動画は15Minutes made参加作品『夏の灯り』。

 

Youtubeで観る
15Minutes made vol.12 参加作品『夏の灯り』

 
今作は「家族」をテーマにハートフルでありつつも、現在平成の抱える苦悩を、ハイテンポでせつなくもおかしいファンキーなホームドラマ=平成群像劇として描く。
 

深谷晃成(第27班代表・脚本・演出)

「家族の話を書こう」と、
「カッコいいアメリカンな話をやろう」と、
同時に考えた時に生まれた作品がこの「コーラボトルベイビーズ」です。

当事者でもないただの第三者が、毎日のようにSNS上で出会う事のない他人を憐れんで蔑んでいる。
不幸は誰の為の不幸なのでしょうか。

最高も最悪も、全部ここにある。
地獄を楽しもうとする、人々の物語です。

 
詳細は公式サイトで。

 
 
(文:エントレ編集部)

 

 

公演情報

第27班「コーラボトルベイビーズ」

【作・演出】深谷晃成

【出演】さかいかな/鈴木研、樹七菜、鈴木あかり、佐藤新太(以上、第27班)/用松亮、橘麦、大塚由祈子、三宅勝、矢島理佐、小関えりか、小日向星一、杉本知佳、加茂井彩音、澄田壮平、もりみさき

2018年6月22日(金)~6月27日(水)/東京駅前劇場

公式サイト
コーラボトルベイビーズ

プレイガイドで検索
CoRich

 シェアする

 ツイート

 シェアする


 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2018 Village Inc.