2018.5.22  16

大森茉利子と金子侑加が仇吉姐さんをWキャストで上演!あやめ十八番「ゲイシャパラソル」6月9日から座・高円寺1で上演



あやめ十八番「ゲイシャパラソル」
あやめ十八番「ゲイシャパラソル」
 

堀越涼が率いるあやめ十八番の舞台「ゲイシャパラソル」が6月9日から座・高円寺1で上演される。

 
あやめ十八番は花組芝居で活躍する俳優・堀越涼が2012年に旗揚げ。「現代の古典演劇」と称し、日本の伝統的な「和」の要素を取り入れながら、生演奏にこだわり作品を創作。
2017年の本公演では、同脚本で演出違いの「ダズリング=デビュタント」に挑み、秋「三英花 煙夕空」では、初の東京・大阪二都市ツアーを成功させた。

今回上演される「ゲイシャパラソル」は2016年に初演。
平成60年という未来の日本を、敢えて和風・大正時代風に描いたもので、満員御礼の中、幕をおろした、あやめ十八番一のあたり狂言の一つだ。


Youtubeで観る

 
初演時に大森茉利子が演じた主役の深川芸者「仇吉(あだきち)」役を、今回は大森茉利子と金子侑加がWキャストで演じる。

 

STORY

時は平成60年、まだ見ぬ先の話である。
深川芸者、柳屋・仇吉(あだきち)は若くして“花柳界の宝”と称されていた。
彼女は、その美貌や芸で名を売ったわけではない。ただ一点、その“本名”ゆえに花街の宝となった。何故、人々は彼女を讃えたのか?
人気絶頂の中、何故、彼女は姿を消したのか?
激動の時代に祭り上げられてしまった一人の芸者と、名もなき男の物語。

 
詳細は公式サイトで。

 

(文:エントレ編集部)

 

 

 

公演情報

あやめ十八番「ゲイシャパラソル」

【作・演出】堀越涼

【出演】
≪紅≫
大森茉利子 堀越涼
(以上、あやめ十八番)

美斉津恵友(花組芝居) 石田迪子 小口ふみか 木原実優 熊野善啓(チャリT企画) 山下雷舞 融羽子 松浦康太 塩口量平(プラチナムプロダクション) 和知龍範
———-
≪墨≫
金子侑加(あやめ十八番) 秋葉陽司(花組芝居) 小林大介(花組芝居) 蓮見のりこ 服部容子 ミヤタユーヤ 今泉舞 川上憲心(劇団風情) 浜端ヨウヘイ(オフィスオーガスタ) 松本稽古
村上誠基 吉川純広
———-
≪共通キャスト≫
北沢洋(花組芝居) 内田靖子 高橋奏(カナッペノハコ) 中村桃子(たすいち) 溝畑藍(虚構の劇団) 森川陽月

【楽隊】
吉田能(あやめ十八番) 丸川敬之(花組芝居) 吉田悠(花掘レ/Open Reel Ensemble) 吉蘇このは

2018年6月9日 (土) ~ 6月17日 (日)/座・高円寺1

公式サイト
あやめ十八番「ゲイシャパラソル」

プレイガイドで検索
カルテットオンライン

 シェアする

 ツイート

 シェアする


 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2018 Village Inc.