2018.5.16  15

くによし組 新作のテーマは【面白いと不謹慎の境目】 舞台「ケレン・ヘラー」5月30日から王子小劇場で上演



くによし組「ケレンヘラー」
くによし組「ケレン・ヘラー」チラシ・表
 

佐藤佐吉賞2017にて優秀脚本賞など4部門を受賞した くによし組の新作「ケレン・ヘラー」が5月30日より花まる学習会王子小劇場で上演される。

 
「異常で、日常で、シュール」をコンセプトに作品を上演してきた くによし組の新作のテーマは”面白いと不謹慎の境目”。
幻覚の見える香水「ケレン・ヘラー」によって振り回される女性の話を、アマヤドリの中野智恵梨、小劇場で活躍する三澤さきなど個性豊かな客演陣を迎えて上演する。

 

STORY

ヘレンケラーのパロディコントが持ちネタのポジティbooは不謹慎だと騒がれ解散することに。
仕方なくロボットにツッコミを教え再デビューを目指すアフロ子の前に、神様という幻覚が見え始めた。
全てが順調に動き始めた時、アフロ子は自分の目と耳に異変が起きていることに気付き・・

 

冨坂友様からの推薦コメント(アガリスクエンターテイメント主宰)

くによし組のお芝居は、物語のスパイスとしての笑いじゃなく、笑いを取る段取りとしての物語でもなく、國吉さんはどっちも本気で欲しがってて、狙いに行ってて、見た目に似合わず貪欲でした。
そしてその狙いの通りに、くによし組のお芝居は笑えるしグッとくる。そう、あのみんな大好きなやつです。

 
詳細は公式サイトで。

 
(文:エントレ編集部)

 

 

公演情報

くによし組「ケレン・ヘラー」

【作・演出】
國吉咲貴

【出演】
國吉咲貴、永井一信(以上、くによし組)
井田由依香、岩塚光希(喜劇のヒロイン)、宇乃うめの、大嵜逸生(劇団森)、小畑はづき、タナカエミ(Dr.MaDBOY)、津枝新平、中野智恵梨(アマヤドリ)、三澤さき

2018年5月30日(水)~6月3日(日) / 東京・花まる学習会王子小劇場

公式サイト
ケレン・ヘラー

プレイガイドで検索
カルテットオンライン


 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2018 Village Inc.