2018.5.1  33

江戸川乱歩の短編7編に挑戦!笛井事務所 番外公演「Trance」5月17日から高円寺・明石スタジオで上演


劇団BDPアカデミー公演 ミュージカル「彼女たち」

笛井事務所「trance」
笛井事務所 番外公演「Trance」
 

笛井事務所 番外公演「Trance」が5月17日(木)から高円寺・明石スタジオで上演される。

 
笛井事務所は女優の奥村飛鳥が主宰する舞台制作ユニット。
2013年の旗揚げ公演では花組芝居の水下きよし氏を演出に迎え安部公房「友達」を上演。1974年に書かれた戯曲のオリジナリティーを尊重しつつ、現代社会にも通じる問題提起を含んだ演出が評価を得た。作家のオリジナリティーを尊重する芝居作りをする一方で岸田國士・星新一などの短篇をミックス構成したオリジナル作品も発表。
戦後日本文学を通して現代社会にも通じる人間の不変の姿を見ることをテーマに活動している。

 
第9回公演「愛の眼鏡は色ガラス」舞台写真
第9回公演「愛の眼鏡は色ガラス」舞台写真

 
今回は、活動5年目の節目にして初めての番外公演。江戸川乱歩の短編7編を土台に、それぞれの主人公が一堂に会するというシチュエーションで新たな創作に挑戦する。
構成・演出は奥村飛鳥。池田のぞみ、井上憲人、立花諒、たはらひろや、ナカムラユーキなどが出演する。

 

STORY

ある夜、人目を忍んで二十日会と呼ばれる秘密倶楽部に集った男女。
それぞれが欲望・秘密、或いは人には言えない趣向を持って集まった
その場所に今夜はある男が新入会員として迎えられる。
日常の退屈を忘れるため、次々と告白される密やかな喜びの物語によって、
人々の仮面の裏に隠されていた狂気が顔を出そうとしている。

 
なお、5月19日(土)昼夜公演には、江古田のガールズの三軒茶屋ミワがゲスト出演するとのこと。
詳細は公式サイトで。

 
 
(文:エントレ編集部)

 

 

公演情報

笛井事務所 番外公演 「Trance」

【原案】江戸川乱歩「赤い部屋」「押絵と旅する男」「恐ろしき錯誤」「算盤が恋を語る話」 「人間椅子」「人でなしの恋」「覆面の舞踏者」

【構成・演出】奥村飛鳥  プロデューサー 小見美幸(青年座) 音楽/後藤浩明 演奏/後藤浩明(Piano)・ 藤田奏(Bass)  舞台監督/堺博人 音響/川西秀一

【キャスト】
池田のぞみ 井上憲人 立花諒 たはらひろや ナカムラユーキ 橋詰高志 原愛絵 星達也 松尾音音 Mayula 水落磨樹 本山由乃 

2018年5月17日(木)~20日(日)/東京 高円寺・明石スタジオ

公式サイト
笛井事務所 番外公演 「Trance」

プレイガイドで検索
カルテットオンライン

 シェアする

 ツイート

 シェアする


 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2018 Village Inc.