2018.4.16  24

安里勇哉、永島聖羅らが出演 舞台『蛇の亜種』6月6日からシアターサンモールで再演



舞台「蛇の亜種」
舞台「蛇の亜種」
 

劇団居酒屋ベースボールの人気作品、舞台『蛇の亜種』が6月6日からシアターサンモールで再演される。

 
本公演は、舞台『黒子のバスケ』や『おそ松さん on STAGE』など数多くの2.5次元舞台に出演し人気を博している安里勇哉(TOKYO流星群)を主演に迎え、永島聖羅(元乃木坂 46のメンバー)、宮下貴浩などが出演する。

脚本はえのもとぐりむ、演出は私オムが手掛ける。

 

STORY

”あれは、あまりに憂鬱な12月のことでした。罪を犯しました。”

【亜種】(あしゅ)―変種。どの種にもあてはまらない。
「マムシとはヘビ科に属しているヘビの一種ではあるものの単独でマムシと呼んでも、そう差し支えない」
少女は里親である暴力団の組長を殺してしまう。マムシと呼ばれる男は少女を連れ、追っ手から逃げる。
少女は逃げる。逃れられない現実から。運命から。人ではない道を。

私はヒトの皮をはいだ亜種。極めてヒトに近い亜種。
彼は極めてヒトに近い蛇の亜種。

 
詳細は公式サイトで。

 
(文:エントレ編集部)

 

 

公演情報

リードワンプロモーションpresents
宮下貴浩×私オム 舞台『蛇の亜種』

脚本:えのもとぐりむ
演出:私オム
出演(一部ダブルキャスト)
《蛇キャスト》
安里勇哉(TOKYO流星群)

永島聖羅

新里哲太郎
青地洋
平竜
佐藤佑哉

宮下貴浩
私オム

篠原功

《亜種キャスト》
安里勇哉(TOKYO流星群)

永島聖羅
水原ゆき

藤家和依
新里哲太郎
永松文太
富山健
家守健斗

宮下貴浩
私オム

篠原功

2018年6月6日(水)~11日(月)/東京・シアターサンモール

公式サイト
リードワンプロモーションpresents 宮下貴浩×私オム 舞台『蛇の亜種』

プレイガイドで検索
Confetti(カンフェティ)


 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2018 Village Inc.