2018.4.9  13

寺島しのぶ×栗山民也 シス・カンパニー舞台「ヘッダ・ガブラー」がシアターコクーンで開幕



舞台「ヘッダ・ガブラー」寺島しのぶ 撮影:宮川舞子
舞台「ヘッダ・ガブラー」寺島しのぶ 撮影:宮川舞子
 

寺島しのぶの主演、栗山民也が演出するシス・カンパニーの舞台「ヘッダ・ガブラー」が4月7日(土)にシアターコクーンで開幕した。

 
本作は『近代演劇の父』と称されるヘンリック・イプセンの戯曲。
主人公ヘッダは高名な将軍の娘で、美貌と才気に恵まれた女性。「人形の家」の主人公ノラと同じく、19世紀の社会制度や女性の地位を背景にした、いわば「社会に抗う女性像」の象徴として登場する。

演出は栗山民也。ヘッダを演じる寺島しのぶをはじめ、小日向文世、水野美紀、池田成志、段田安則が出演する。

 
舞台「ヘッダ・ガブラー」寺島しのぶ、小日向文世、水野美紀 撮影:宮川舞子
舞台「ヘッダ・ガブラー」寺島しのぶ、小日向文世、水野美紀 撮影:宮川舞子
 

STORY

高名なガブラー将軍の娘で美しく気位が高いヘッダ(寺島しのぶ)は、社交界でも話題の中心にいて、いつも男たちに崇められる魅力的な存在だった。しかし、頼りの父親が世を去り、ヘッダは周りの男たちの中から、将来を嘱望されている文化史専攻の学者イェルゲン・テスマン(小日向文世)を選び、世の女性たちと同じように、結婚する道を選んだ。
この物語は、二人が半年の⻑い新婚旅行から帰ってきた翌朝から幕をあける。

新居には、イェルゲンの叔⺟ミス・テスマン(佐藤直子)とメイドのベルテ(福井裕子)が二人を待っていた。
彼らに思いやりを示すイェルゲンに対し、新妻ヘッダは、自分が強く望んで購入させたにも関わらず、新居への不満を並べ、すでにこの結婚に退屈している様子を隠そうともしない。
そこへ、昔からの知り合いであるエルヴステード夫人(水野美紀)が訪ねてきた。今は田舎の名士の後妻となった彼女だが、義理の子供たちの家庭教師だったエイレルト・レェーヴボルク(池田成志)を探しに街にやって来たのだという。レェーヴボルクとは、イェルゲンのライバルであった研究者で、一時期、自堕落な生活で再起不能と言われたが、田舎町で再起。
最近出版した論文が大きな評判をとっている男だった。

そのレェーヴボルクこそ、ヘッダのかつての恋人だった。

しかし、彼のヘッダへの執着がエスカレートすることに対し、ゴシップのネタにされることを恐れたヘッダが、拳銃で彼を脅して一方的に関係を断ち切ったという過去があった。ヘッダとの関係を知らないエルヴステード夫人は、彼を再起させるために論文執筆にも協力したことを語り出し、都会に戻った彼が、また昔の自堕落な暮らしに戻ることを恐れ、追いかけてきたという。そして、もう夫の元には戻らない覚悟を決めていた。また、ライバルであったイェルゲンもレェーヴボルクの才能は高く評価していたと、その再起を喜んでいた。そんな二人の純粋な思いを前に、苛立ちを覚えるヘッダ。そこに、夫婦が懇意にしているブラック判事(段田安則)が訪ねてくる。判事から、イェルゲンが有力と言われていた大学教授の候補に、レェーヴボルクも復活してきたことを聞かされたヘッダの心中は大きくざわつき始める。

ブラック判事と二人になったヘッダは、いかにこの結婚や毎⽇の暮らしが退屈か、このまま子供を生んで平凡な⺟親になることだけは嫌だと激白する。ヘッダに気があるブラックは、このまま見せかけの結婚生活を送りながら、気ままに浮気を楽しめばいいと、それとなく誘うが、そんな自分にはなりたくないと断るヘッダ。

やがて、レェーヴボルクが現われた。久々に対面し、まだ互いに惹かれ合っていることを感じ合う二人。
しかし、エルヴステード夫人とそこで会えたことを素直に喜ぶレェーヴボルクの姿を見て嫉妬したヘッダは、まだ自分に彼を操る力があるかを試すために、酒の席を避けて更正していた彼を言葉巧みに、ブラック判事主催のパーティへと送り出してしまう。案の定、酒の力で自分を見失ったレェーヴボルク。あろうことか、大事に持ち歩いていた次回出版予定の原稿を紛失してしまう。原稿は、たまたまイェルゲンが拾い、ヘッダに託したのだが、ヘッダはそれを⼾棚に隠してしまう。
そこに落ち込んだレェーヴボルクが憔悴しきった姿で現われるが、ヘッダは、隠した原稿を出そうともしない。

そして、レェーヴボルクに自分が大切にしていた父の形見を手渡し、ある言葉を彼に囁く・・・・。
そして・・・・。

 
舞台「ヘッダ・ガブラー」寺島しのぶ、池田成志 撮影:宮川舞子
舞台「ヘッダ・ガブラー」寺島しのぶ、池田成志 撮影:宮川舞子

舞台「ヘッダ・ガブラー」寺島しのぶ、段田安則 撮影:宮川舞子
舞台「ヘッダ・ガブラー」寺島しのぶ、段田安則 撮影:宮川舞子

  
本作は4月30日まで渋谷・シアターコクーンで上演される。
詳細は公式サイトで。 

 
(文:エントレ編集部)

 

 

 

公演情報

シス・カンパニー 舞台「ヘッダ・ガブラー」

作:ヘンリック・イプセン
演出:栗山民也
出演:寺島しのぶ、小日向文世、水野美紀、池田成志、段田安則 ほか

2018年4月7日(土)~4月30日(月・祝)/東京・Bunkamura シアターコクーン

公式サイト
シス・カンパニー 舞台「ヘッダ・ガブラー」

プレイガイドで検索
ぴあicon ローチケicon

 シェアする

 ツイート

 シェアする


最近の記事

鮭スペアレ版『マクベス』
ミラノ公演を成功させた鮭スペアレが5月22日に東京・銕仙会能楽研修所にてマクベスを上演!
3
もうすぐ 05月22日(日) 〜 05月22日(日)
ミュージカル『るろうに剣心 京都編』
【動画3分】小池徹平、黒羽麻璃央らが美しく歌い、激しく闘う! ミュージカル『るろうに剣心 京都編』がIHIステージアラウンド東京で開幕/上演は6月24日まで
104
公演中 05月17日(火) 〜 06月24日(金)
NODA・MAP『Q』
松たか子、上川隆也、広瀬すず、志尊淳などオリジナルメンバーの出演でNODA・MAP『Q』が再演/7月29日から東京・大阪で上演
4
公演日程 07月29日(金) 〜 10月16日(日)
舞台『みんな我が子』撮影:細野晋司
アーサー・ミラーの代表作のひとつに堤真一、森田剛、西野七瀬らが挑む 舞台『みんな我が子』シアターコクーンで開幕
48
公演中 05月10日(火) 〜 06月08日(水)
くちびるに硫酸#4『骨を捨てる』
母の散骨のために海を渡る姉妹を描く くちびるに硫酸#4『骨を捨てる』5月5日(木)にシアター・バビロンの流れのほとりにて で開幕
11
公演終了 05月05日(木) 〜 05月08日(日)
キノG-7、第4弾「モナ美」
竹内銃一郎 最後の演劇企画キノG-7、第4弾『モナ美』5月18日から22日までTHEATRE E9 KYOTOにて上演
6
公演中 05月18日(水) 〜 05月22日(日)
中村倫也主演 ゲキ×シネ『狐晴明九尾狩』の試写会やムビチケが当たる! <狐晴明さんの式神宣伝隊>企画がスタート
36
公演日程 06月24日(金) 〜 (木)
詩劇『われに五月を2022』
寺山修司の命日に贈る詩の激流! 昭和精吾事務所 詩劇『われに五月を2022』5月4日、5日に東高円寺K’sスタジオで上演
1
公演終了 05月04日(水) 〜 05月05日(木)
右から福士蒼汰、宮野真守 撮影:田中亜紀
【動画5分】福士蒼汰・宮野真守の最強バディが殺陣あり歌あり大迫力のお祭り騒ぎ! 劇団☆新感線『神州無頼街』4月26日に東京公演が開幕/5月14日にライブビューイング
217
公演中 03月17日(木) 〜 05月28日(土)
100点un・チョイス!『たいせつ』
とある旅館が舞台の切ないヒューマンサスペンス 100点un・チョイス!『たいせつ』4月20日(水)にシアターサンモールで開幕
16
公演終了 04月20日(水) 〜 04月29日(金)
ゲキ×シネ『狐晴明九尾狩』ムビチケカード
中村倫也主演 ゲキ×シネ『狐晴明九尾狩』予告編が公開/プレゼントキャンペーンが開始!/4月29日からムビチケカードが販売開始
155
公演日程 06月24日(金) 〜 (木)
『こどもの一生』撮影:加藤幸広
2022年の「今」を浮き彫りに 現代に突き刺さるコメディーホラー『こどもの一生』観劇レビュー
275
公演終了 04月03日(日) 〜 05月07日(土)
艶∞ポリス『飛んでる最高』
ハワイに行きたい人々が、空港を舞台に繰り広げる群像会話劇 艶∞ポリス『飛んでる最高』が下北沢 駅前劇場で開幕/上演は4月24日(日)まで
18
公演終了 04月13日(水) 〜 04月24日(日)
劇団アフリカ座 u-you.company 28th STAGE 『学校の快談』
好評を博した舞台がマルチアングルLIVE配信専用演劇として復活! 劇団アフリカ座 u-you.company『学校の快談』4月22日からZAIKOで配信
28
公演終了 04月22日(金) 〜 04月26日(火)
COCOON PRODUCTION 2022『広島ジャンゴ2022』撮影:引地信彦
天海祐希×鈴木亮平ダブル主演 広島弁満載の異色の“ニュー”ウエスタン活劇『広島ジャンゴ2022』シアターコクーンで開幕
41
公演終了 04月30日(土) 〜 05月16日(月)
RISU PRODUCE vol.26「ぼくはだれ」~取調室での攻防 2022~
富田健太郎主演 取調室での被疑者と刑事たちの攻防を描く RISU PRODUCE『ぼくはだれ』6月1日から東京芸術劇場 シアターウエストで上演
73
公演日程 06月01日(水) 〜 06月05日(日)
劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎『神州無頼街』
福士蒼汰・宮野真守らが出演の劇団☆新感線『神州無頼街』5月14日(土)昼・夜公演が全国の映画館でライブビューイング中継/月ドクロも4月に復活上映
100
公演中 03月17日(木) 〜 05月28日(土)
天才ナカムラスペシャル作の公演イメージ画
天才ナカムラスペシャルがステージ4の咽頭がんから復帰! 犬儒派リーディングアクト『よく晴れた日、地図の裂け目から、桃色の血が吹き出る』4月16日、17日 アトリエ三軒茶屋で上演
12
公演終了 04月16日(土) 〜 04月17日(日)
河原雅彦、中村倫也
中村倫也の主演ミュージカルを河原雅彦が演出 ミュージカル『ルードヴィヒ ~Beethoven The Piano~』10月から東京・大阪で上演
64
劇団☆新感線『乱鶯』『けむりの軍団』Blu-ray 4月20日(水)から一般店頭で販売開始。
古田新太主演の本格時代劇2作! 劇団☆新感線『乱鶯』『けむりの軍団』Blu-ray 4月20日(水)から一般店頭で販売開始
10
劇団俳優難民組合『いかけしごむ』
劇団俳優難民組合が別役実作品に挑む 舞台『いかけしごむ』4月8日(金)から東京・下北沢スターダストで上演
5
公演終了 04月08日(金) 〜 04月10日(日)
「殺人の告白」
日韓で大ヒットを記録したサスペンス映画をユナク、堂珍嘉邦らの出演で舞台化/『殺人の告白』6月17日からサンシャイン劇場で上演
25
公演日程 06月17日(金) 〜 06月26日(日)
劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎『神州無頼街』福士蒼汰、宮野真守 撮影:田中亜紀
【動画3分】福士蒼汰・宮野真守のバディが突き進む! 劇団☆新感線『神州無頼街』3月17日に大阪で開幕/4月からは静岡、東京で上演
159
公演中 03月17日(木) 〜 05月28日(土)
2021年度 共生共創事業プロデュース OriHimeプロジェクト『星の王子さま』
分身ロボットOriHimeを使った演劇動画 リーディング『星の王子さま』/ドキュメンタリー『ここに、いる。』無料公開中
3
ミュージカル『カーテンズ』撮影・伊藤智美
これぞミュージカルの力! 城田優主演・演出、魅せるミステリー&コメディ!『カーテンズ』観劇レビュー
81
公演終了 02月26日(土) 〜 03月27日(日)
『マイ・イベント』出演の黒田大輔、安藤玉恵
本谷有希子の小説を自ら舞台化! 黒田大輔・安藤玉恵 出演舞台『マイ・イベント』6月9日(木)から小竹向原 SAiSTUDIO コモネAで上演
13
公演日程 06月09日(木) 〜 06月28日(火)
good morning N°5『拝啓、モリエール様 ‐モリエールへの挑戦状‐ ~“ドン・ジュアン”より~』
結成15年目を迎えるgood morning N°5が海外戯曲拝借シリーズを始動! 『拝啓、モリエール様 ‐モリエールへの挑戦状‐ ~“ドン・ジュアン”より~』4月22日から中野スタジオあくとれで上演
23
公演終了 04月22日(金) 〜 04月29日(金)
劇団☆新感線『狐晴明九尾狩』(C)ヴィレッヂ・劇団☆新感線
中村倫也、吉岡里帆、向井理らが出演した劇団☆新感線『狐晴明九尾狩』がゲキ×シネに! 6月24日(金)から全国の映画館で上映/秋にはBlu-rayが発売
293
公演日程 06月24日(金) 〜 (木)
CEDAR Produce vol.9『わが友ヒットラー』
三島由紀夫 晩年の政治劇に谷佳樹らが挑む CEDAR Produce vol.9『わが友ヒットラー』3月19日(土)からすみだパークシアター倉で上演
15
公演終了 03月19日(土) 〜 03月27日(土)
長塚圭史
2022年度のテーマは『忘(ぼう)』KAAT神奈川芸術劇場がラインアップを発表
7

 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2022 Village Inc.