2018.3.29  21

大人気WEBマンガ『雷神とリーマン』が韓国×日本キャストで舞台化/4月7日から新宿シアターモリエールで上演


劇団BDPアカデミー公演 ミュージカル「彼女たち」

舞台『雷神とリーマン』
(c)RENA / libre 2018
 

2017年WEBマンガ総選挙2位を獲得した大人気コミックを舞台化した『雷神とリーマン』が4月7日(土)から新宿シアターモリエールで上演される。

 
『雷神とリーマン』は、2017年9月に発表されたWEBマンガ総選挙で第2位を獲得した人気WEBマンガ。コミックとしても第3巻まで発売され多くのファンを獲得している作品だ。

今回の初舞台化にあたり、雷遊役は日本でドラマ出演経験もあるミンス、個性派演劇集団「劇団番町ボーイズ☆」メンバー二葉勇がWキャストで演じる。
リーマン・大村役は、ソロアーティスト、俳優としても積極的に活動中のインジュンが演じる。

 

STORY

サラリーマンでゲイの大村は失恋を気に色恋から遠のき、日々を味気なく過ごしていた。いつものように仕事に疲れ自宅へ戻ると、部屋の中にフワフワ浮遊する不審者を発見、不審者曰く「神でいるのが嫌になった。お前、俺を人間にしろ。」事態が飲み込めぬまま、雷神・雷遊(らいゆう)とリーマン・大村の不思議なシェア生活が始まる。 大村は、人間になりたいという雷遊に人間でいれば当たり前の日常を1つ1つ教えていく。そんな日々を過ごすうちに共同生活にも慣れ、味気なかった自分の生活も徐々に充実したものになっていくのだった。やがて学校に興味を持ち始めた雷遊の為に親戚の元を訪れ橋渡しを頼む大村。雷遊は高校生活とアルバイトに挑戦していく。初めての友達もできていき、夏には花火大会に行ったり、金魚を飼い始めたり、何気ない日常がだんだん雷遊自身も自覚していなかった「人間らしい」感情を揺り起こしていく―

 
詳細は公式サイトで。

 
(文:エントレ編集部)

 

 

公演情報

舞台「雷神とリーマン」

【原作】RENA
【演出】藤原新太

【出演】
雷遊役(Wキャスト) ミンス/二葉勇(劇団番町ボーイズ☆)
リーマン大村役 インジュン
和田侑徳、山形啓将、平岡千賀子、井伊亮太

2018年4月7日(土)~2018年4月14日(土)/新宿シアターモリエール

公式サイト
舞台「雷神とリーマン」

プレイガイドで検索
楽天チケット

 シェアする

 ツイート

 シェアする


 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2018 Village Inc.