2018.2.5  203

【動画1分】柚希礼音の傾国の美しさが炸裂!ミュージカル「マタ・ハリ」東京公演が開幕


 ≫広告掲載のご案内


ミュージカル「マタ・ハリ」柚希礼音、加藤和樹
ミュージカル「マタ・ハリ」柚希礼音、加藤和樹
 

柚希礼音と加藤和樹がW主演で上演されるミュージカル「マタ・ハリ」東京公演が2月3日から開幕した。

 
本作は、ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』『ジキル&ハイド』などで知られる作曲家フランク・ワイルドホーンの最新作として2016年に韓国で世界初演し大ヒット。翌年2017年6月より再演された作品。

日本版の訳詞・翻訳・演出は石丸さち子。
出演は柚希礼音。神秘的な「寺院の踊り」でスターとなったダンサー、そしてフランスのスパイ “マタ・ハリ”に挑む。
また、マタ・ハリの運命を変える二人の男性、フランス諜報局の大佐 ラドゥとその部下アルマンを加藤和樹が日替わりで演じ、そのWキャストには佐藤隆紀(ラドゥ)、東啓介(アルマン)が演じる。また、新人パイロット ピエール役に西川大貴、百名ひろき(Wキャスト)。フランス首相のパンルヴェ役に栗原英雄。マタ・ハリが唯一心を許す友であり衣裳係のアンナには和音美桜、ドイツの高等将校 ヴォン・ビッシングを福井晶一が演じる。

 

STORY

1917 年、第一次世界大戦の暗雲たれこめるヨーロッパ。オリエンタルな魅力と力強く美しいダンスで、パリ市民の心をとらえて放さないダンサーがいた。名は、マタ・ハリ。彼女の人気はヨーロッパ中におよび、戦時下であっても国境を越えて活動する自由を、手にしていた。

その稀有な存在に目をつけたフランス諜報局のラドゥ大佐は、彼女にフランスのスパイとなることを要求する。もし断れば、人生を賭けて隠してきた秘密を暴くことになる、そう、ほのめかしながら……。自らの過去に戻ることを恐れ、怯えるマタ。

同じ頃、彼女は、偶然の出来事から運命の恋人に出会う。戦闘パイロットのアルマンは、彼女の孤独な心を揺らし、二人は、ともに美しい夜明けのパリを眺め、人生を語りあう。一方ラドゥの執拗な要求は続き、一度だけスパイをつとめる決心をしたマタ。

彼女の世話を続けてきた衣裳係アンナの祈りの中、公演旅行でベルリンへ向かい、ドイツ将校ヴォン・ビッシング宅で、任務を無事遂行する。しかし、謀略はすでにマタ・ハリの想像を超えて進み、アルマンへの愛に目覚めた彼女の運命を、大きく歪めようとしていた…。

 
本作の公開舞台稽古が行われた。動画は歌のシーンを中心にダイジェストにしたもの。【動画1分】

 

Youtubeで観る
Yahoo!映像トピックスで観る

 


※タップで画像を拡大

 
本作は2月18日(日)まで東京国際フォーラム ホールCで上演される。
詳細は公式サイトで。
 

(撮影・編集・文:森脇 孝/エントレ編集部)

この記事を書いたのは

森脇孝
もりわき たかし|映像ディレクター。エントレの担当者。映像の撮影・編集・記事の作成などを担当しています。今でも忘れられない芝居は、NODA・MAP「半神(1999)」、劇団☆新感線「蛮幽鬼(2009)」、イキウメ「散歩する侵略者(2011, 2017)」など。京都出身。著書

 

 

公演情報

ミュージカル「マタ・ハリ」

【脚本】イヴァン・メンチェル
【作曲】フランク・ワイルドホーン
【作詞】ジャック・マーフィー
【訳詞・翻訳・演出】石丸さち子

【出演】柚希礼音、加藤和樹、
佐藤隆紀(LE VELVETS)、東啓介/西川大貴 百名ヒロキ/栗原英雄/和音美桜/福井晶一 ほか

[大阪]2018年1月22日(月)~1月28日(日)梅田芸術劇場メインホール
[東京]2018年2月3日(土)~2月18日(日)東京国際フォーラム ホールC

【一般発売】2017年10月22日(日)※東阪共通
【チケット料金】S席13,000円 A席9,000円 B席5,000円(全席指定・税込/東阪共通)

公式サイト
ミュージカル「マタ・ハリ」

プレイガイドで検索
ぴあicon ローチケicon


 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2018 Village Inc.