2018.1.30  12

マルキドサドの世界観をモチーフに現代社会の闇を描く/劇団シアターホリック松島寛和の一人芝居が3月熊本・名古屋で上演


 ≫広告掲載のご案内


劇団シアターホリック「孤独、あるいはマルキドサドに学ぶ幸せな人生の過ごし方喜劇一幕」
「孤独、あるいはマルキドサドに学ぶ幸せな人生の過ごし方」
 

四国高知の劇団シアターホリックの舞台「孤独、あるいはマルキドサドに学ぶ幸せな人生の過ごし方喜劇一幕」が、3月に熊本と名古屋で上演される。

 
劇団シアターホリックは2004年3月に「もう、なにもうかばない。」で旗揚げ。主宰の松島寛和の作・演出作品を中心に23本の本公演を行ってきた。
活動の中心は高知市だが、四国4県で争う短編演劇コンテスト「四国劇王」にも継続して出場している。

 
今回上演される作品は主宰の松島寛和による一人芝居。マルキドサドの世界観をモチーフに現代社会の闇を描く。

 

STORY

男は大学二年のある日、父危篤の知らせを受ける。
実家に帰省する金すらなかった男は、親友と彼女から金を借りて父の元へ。
しかし父は多額の借金を残したまま亡くなっていた。実家からの支援を失った男は、学費はおろかその日の生活にも困窮し、実入りの良い仕事にはまっていく…。
「誰か」の為では落ちぶれて、エゴイズムならば報われる。マルキドサドの世界観をモチーフに現代社会の闇を描く、劇団シアターホリック代表松島の一人芝居。

 

松島寛和(劇団シアターホリック主宰)

おはようございますこんにちは。
2017年末に松山と高知で上演した第24回本公演
「孤独、あるいはマルキドサドに学ぶ幸せな人生の過ごし方」が
なんと熊本と名古屋で上演できる運びとなりました!
いやーめでたい!いやー嬉しい!
熊本はぼく(松島)の出身地でもありますし
名古屋は過去に世界劇団やシャカ力や株式劇団マエカブが作品を上演していて
いつかは行ってみたいツアー先でございました。
松山と高知ではばっさばっさ社会を斬りましたから
熊本名古屋でもばっさばっさ斬りたいと思ってますんで
ぜひともお誘い合わせてご来場くださいませ。
ばっさばっさいきますんで。
ばっさばっさ(気に入ったからなんども口に出したい)。

 
詳細は公式サイトで。

 
 
(文:エントレ編集部)

 

 

公演情報

劇団シアターホリック「孤独、あるいはマルキドサドに学ぶ幸せな人生の過ごし方」

【熊本公演】
2018年3月3日(土)、4日(日)
場所:花習舎 熊本県熊本市東区東本町 1-62-3F

【名古屋公演(G/PIT チャレンジフェスティバル 2018 参加作品)】
2018年3月14日(水)、15日(木)
場所:G/pit 愛知県名古屋市中区栄 1-23-30 中京ビル 1F

 
公式サイト
劇団シアターホリック

プレイガイドで検索
e+チケット


 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2018 Village Inc.