2017.11.27

【名古屋】怒涛の7作品同時公演!? 妄烈キネマレコード『少年カセットコミック』11月30日(木)からナンジャーレで上演



妄烈キネマレコード『少年カセットコミック』
『少年カセットコミック』フライヤー表紙
 

名古屋で活動する劇団、妄烈キネマレコードの結成5周年記念企画第2弾・7作品同時公演『少年カセットコミック』が11月30日からナンジャーレで上演される。

 
今公演は劇団史上初の短編集公演であり、7作品全ての作・演出を西尾武が務める。
新作4本に加え、”最強の一人芝居フェス”地域版「INDEPENDENT:NGY17」に出場した『ドーン・オブ・ザ・ゴッド』や、初演当時1回限りの上演だったため”伝説の旗揚げ作品”と呼ばれていた『嘘つきパラドックス』の再演などが豪華にラインナップされている。

 

STORY

[A]恋の開
―あの日の思い出は、噛めば噛むほど味が出る

“暇なし!彼なし!だらしなし!”河木このみの楽しみは、1日の終わりに嗜む晩酌だけ。
しかし仕事の忙しさから最近は、晩酌だけでは満足できなくなってきた。彼女は思い立ち、外に飛び出すとそこには…

2017年2月、虚構オメガプロデュース その2「恋」で上演し、
その怪作ぶりにやみつきになる人が続出した、藤崎アンジェ・渾身の一人芝居。

 
[B]ドーン・オブ・ザ・ゴッド
―何度でも、何度だって立ち上がる!

西暦1549年8月、イエズス会の司祭・フランシスコ=デ=ザビエルが日本に初上陸した。
布教活動はなかなか思い通りにいかず、イエズス会はそんな危機を打開すべく、ひとりの男を日本へと派遣した。

2017年7月、最強の一人芝居フェスティバル・INDEPENDENT:NGY 17で上演し、
そこからさらに大幅な改稿をし再び立ち上がった、竹田淳哉・全力の一人芝居。

 
[C]嘘つきパラドックス
―有栖川サツキの憂鬱が止まらない

ある日、有栖川サツキは、やる気を失くした。
「どうして?」と聞いても俯く彼女。どうにかしたい男たちの困惑も止まらない。

2012年5月、ライブハウスイベント「みっくすじゅーす」で上演をした妄烈キネマレコードの旗揚げ作品。
一夜限りの上演だったため、観劇した方がごくわずかしかいない伝説の作品が新キャストで復活。

 
[D]今日はカレーな気分!
―さあ、食べよう!

“人生はカレーライス”という言葉をどこかで聞いたことがある。
カレーの味には個性が詰まっていて、カレーの匂いには思い出が詰まっている。なんだか無性に食べたくなる。

劇中歌や主題歌などの劇伴を手がけている常滑kenと、脚本・演出を務めている西尾武。
普段は妄烈キネマレコードの作品を裏で支える2人による、きっとシュールな会話劇。

 
[E]ギブちゃんの言うとおり
―中年も大志を抱け!

小さい時は「あぁ、大人っていいな。」って憧れて、ちょっと大人ぶってみたりして。
あのとき思い描いてた自分に、自分は今なれているいるだろうか?最近はもう冒険もしなくなった。

今年から姪っ子が小学生になって、なんだか急に成長というものを感じました。
もちろんその分、自分も歳を重ねているわけで。歳だけ重ねて、まだまだ大人になれていない自分です。

 
[F]星のふる丘
―その日ふたりで、星が降るのを見た。

この街の外れには、「星の降る丘」と呼ばれる夜景スポットがある。
街の夜景は大したことないし、星だって満天というほどじゃない。けど、僕にとっては憧れの場所。

大学生男女の青春と恋愛を今までたくさん書いてきました。もう書かないと書きながら書いてきました。
なのでもう書かないってことを諦めて、定番として認めていくことにしました。

 
[G]WOW WAR GOLD
―問題は“金”じゃない!

今も今、天然オオクワガタを捕りに行こう!という提案で、3人の男は夜の山へと分け入った。
しかし全然オオクワガタ見つけられず、諦めかけていたその時、もと光る竹なむ一筋ありける。

妄烈キネマレコードの作品に数多く出演している“劇団んいい”とのコラボ作品。
5周年記念公演に、やっぱり彼らは欠かせませんでした。

 
また、今公演はステージ毎に上演される作品が異なっており、お得な「2ステージ券」「3ステージ券」も用意されているとのこと。
“全作品コンプリート”を目指してみてはいかがだろうか。

 
(文:エントレ編集部)

 

 

公演情報

妄烈キネマレコード『少年カセットコミック』

【公演スケジュール】

2017年11月30日(木)~12月3日(日)/愛知・ナンジャーレ

【上演作品】

[A] 恋の開
―あの日の思い出は、噛めば噛むほど味が出る
出演:藤崎アンジェ(妄烈キネマレコード)

[B] ドーン・オブ・ザ・ゴッド
―何度でも、何度だって立ち上がる!
出演:竹田淳哉(妄烈キネマレコード)

[C]嘘つきパラドックス
―有栖川サツキの憂鬱が止まらない
出演:土方智哉、佐伯歩美、坂口裕哉

[D]今日はカレーな気分!
―さあ、食べよう!
出演:常滑 ken(電光石火一発座)、西尾武(妄烈キネマレコード)

[E]ギブちゃんの言うとおり
―中年も大志を抱け!
出演:小﨑康史(Project K)、杉浦こころ(名城大学劇団「獅子」/あたらしいまち)、はらみつちはる

[F] 星のふる丘
―その日ふたりで、星が降るのを見た。
出演:森広太朗(愛知淑徳大学演劇研究会「月とカニ」)、清水由果(あたらしいまち)

[G] WOW WAR GOLD
―問題は“金”じゃない!
出演:内山ネコ、青木謙樹、椎葉星亜(以上、劇団んいい)

公式サイト
妄烈キネマレコード『少年カセットコミック』

プレイガイドで検索
『少年カセットコミック』チケット予約フォーム


こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2017 Village Inc.