2017.11.1

苔むす山奥で津軽三味線と向かい合う七人の男たちの物語 ゴツプロ!「三の糸」1月10日から東京・大阪で上演


 ≫広告掲載のご案内


ゴツプロ!「三の糸」
ゴツプロ!「三の糸」メインビジュアル
 

ゴツプロ!の舞台「三の糸」が、1月10日から東京・本多劇場で、1月19日から大阪・近鉄アート館で上演される。

 
ゴツプロ!は、主宰の塚原大助をはじめ40代の男8人で2015年12月に結成。「ふくふくや」の座付作家の竹田新、同劇団座長・山野海が演出を手掛け【笑いながら泣く、泣きながら笑う】濃厚な人情喜劇を作り続けている。

2017年1月に上演した第二回公演「キャバレーの男たち」舞台写真
2017年1月~2月に上演した第二回公演「キャバレーの男たち」舞台写真

 
今回、2018年1月から上演する「三の糸」は、山奥に住み、津軽三味線の「三本の糸」に全てを託す七人の男たちの物語だ。

 

STORY

苔むす山奥に住む7人の男たち。
ほの青い月光に照らされながら
男たちは、ただひたすらに津軽三味線を弾く。
言葉などとうの昔に忘れたかのように。
夢を、希望を、後悔を、懺悔を三本の糸に、すべてを託して…

 

塚原大助(主宰)

ゴツプロ!とは、主宰塚原大助を筆頭に、脂の乗った40代の経験豊富な男性俳優で構成された団体です。
旗揚げ公演から2年、第三回公演にして東京公演は「本多劇場」、大阪は「近鉄アート館」での公演が決定。
また、2016年に上演された旗揚げ公演「最高のおもてなし!」は幻冬舎より小説化が決定しております。

 
チケットは、カンフェティローソンチケットiconなどで11月1日から発売される。

なお、1月10日、11日の公演は、キャストからお花のプレゼントあり。
また、12日14時の回には、アフタートークが予定されているとのこと。

詳細は公式サイトで。

  
(文:エントレ編集部)

 

 

公演情報

ゴツプロ!第三回公演
『三の糸』

作:竹田新
演出:山野海

出演:
塚原大助 浜谷康幸 佐藤正和 泉知束 かなやす慶行 渡邊聡 44北川

三の糸 題字揮毫:柿沼康二
津軽三味線演奏指導+三の糸 オリジナル楽曲提供:小山豊 小山会青年部

2018年1月10日(水)~14日(日)/東京・下北沢 本多劇場
2018年1月19日(金)~21日(日)/大阪・近鉄アート館

 
公式サイト
ゴツプロ!

プレイガイドで検索
カンフェティ ローチケicon


 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2017 Village Inc.