2017.10.23

小川絵梨子 翻訳・演出の風姿花伝プロデュース公演に那須佐代子・吉原光夫らが出演/12月10日から上演


 ≫広告掲載のご案内


風姿花伝プロデュース Vol.4「THE BEAUTY QUEEN OF LEENANE(ビューティ クイーン オブ リナーン)」
風姿花伝プロデュース Vol.4「THE BEAUTY QUEEN OF LEENANE(ビューティ クイーン オブ リナーン)」
 

風姿花伝プロデュース vol.4「THE BEAUTY QUEEN OF LEENANE」が12月10日からシアター風姿花伝で上演される。翻訳・演出は小川絵梨子。

 
風姿花伝プロデュースは演劇界で活躍する俳優・スタッフ陣の作るハイ・クオリティなストレートプレイを、あえて小さな劇場で上演し、間近で良質な芝居を観るという贅沢な演劇体験を観客に提供することを目的とした企画。

これまで上演した3本は、読売演劇大賞をはじめとした各賞を受賞し続けている。

 

風姿花伝プロデュース受賞歴

vol.1「ボビー・フィッシャーはパサデナに住んでいる」
第22回読売演劇大賞 優秀作品賞
最優秀演出家賞(上村聡史)
優秀女優賞(増子倭文江)

vol.2「悲しみを聴く石」
第23回読売演劇大賞 最優秀スタッフ賞(乘峯雅寛)
2015年度日本照明家協会 奨励賞(松本大介)

vol.3「いま、ここにある武器」
第24回読売演劇大賞 優秀演出家賞(千葉哲也)
優秀男優賞(千葉哲也)

 
第4弾となる今回はマーティン・マクドナーのデビュー作「The Beauty Queen of Leenane」を、小川絵梨子の演出で上演する。

シアター風姿花伝の支配人で、本作のプロデューサーでもある那須佐代子をはじめ、吉原光夫、内藤栄一、鷲尾真知子が出演する。

 

STORY

アイルランドの片田舎。 中年の独身娘モーリーンと、年老いた病身の母メグは二人暮らし。 娘は母の介護の日々に嫌気がさしている。母はそんな娘に依存しながらも、悪態をつき、娘を女中のように扱っている。 ある日、娘の身辺に男の気配がしてきたことで 母と娘の関係性が加速度をつけて悪化してくる・・・。

マクドナーお得意のブラックなユーモアに溢れる会話劇。
登場人物たちのテンポのいいやりとりや、愚かな行動を笑いながら観るうちに、国を超えて存在する様々な問題を見つめていくことになる名作です。

 
チケットは序・破・急の3パターンの価格が設定されており、スケジュールの前半ほど安く買うことができる。
一般前売の開始は10月28日から。

なお、風姿花伝での上演後、12月27日、28日に香川県・四国学院大学 ノトススタジオでも上演される。

 
(文:エントレ編集部)

 

 

 

公演情報

風姿花伝プロデュース Vol.4「THE BEAUTY QUEEN OF LEENANE(ビューティ クイーン オブ リナーン)」

脚本:Martin McDonagh
翻訳・演出:小川絵梨子
出演:那須佐代子 吉原光夫 内藤栄一 鷲尾真知子

2017年12月10日(日)~24日(日)/東京・シアター風姿花伝
2017年12月27日(水)~28日(木)/香川・四国学院大学 ノトススタジオ

公式サイト
風姿花伝プロデュース Vol.4「THE BEAUTY QUEEN OF LEENANE(ビューティ クイーン オブ リナーン)」

プレイガイドで検索
ぴあicon ローチケicon

那須佐代子の関連商品を検索
Amazon イーオシバイ


 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2017 Village Inc.