2017.9.27

演劇企画集団LondonPANDA『ROOM』『MOOR』表と裏の2本立て作品 11月1日から仙台の倉庫で公演


 ≫広告掲載のご案内


演劇企画集団LondonPANDA『ROOM』『MOOR』
『ROOM』『MOOR』チラシ
 

演劇企画集団LondonPANDA『ROOM』『MOOR』が、11月1日から仙台市のイベント倉庫ハトの家で上演される。

 

2本立てで上演するのは、同じ1つの部屋に起こる表裏一体の物語、『ROOM』と『MOOR』。地縛霊となった1人の自殺者を軸に展開する物語だ。

表の物語『ROOM』は、LondonPANDAが定評を得ているウェルメイドコメディの要素が強い、”ポップ”でユーモアに溢れた作品。
一方、裏の物語『MOOR』は、”ブラック”と”シュール”の要素を色濃く、地縛霊が自殺するまでのいきさつ、心理的変化を描く。

作・演出は大河原準介。
在仙で幅広く活動する3人の俳優・飯沼由和、横山真、瀧原弘子のほか、19歳から74歳まで12名の在仙キャストが出演する。

 

STORY

vol.11『ROOM』

急に職を失った彼氏。家賃滞納で追い出された私たち。
新しい部屋を探してたら、駅から徒歩30分、20帖のワンルームを見つけた。
心理的瑕疵有。なんて読むのか分かんないけど、なんとなく意味は分かる。
だって家賃が安すぎる。他の物件とケタが1つ違う。
事故物件だとしても、霊感無いし。背に腹は変えられない。
内見の時に不動産屋に激しく念を押されたけど、構わずハンコを押した。
無職の2人に部屋を貸してくれるだけでもありがたい。
振り返ってみると、この日がターニングポイント。
この部屋が、私たちの運命を変えた。
そしてあの人と、私たちが過ごした日々は、宝物だ。たぶん。

極貧カップルと地縛霊の、どこにでもありふれていそうなお話

—————-

vol.12『MOOR』

僕の人生のすべては君のためにある
お金も、時間も、体力も、精力も
君は僕の太陽だから、君が居なければ生きていくこともできない
なんでもするから側においてほしい
万引きでも殺人でも君のためなら余裕で出来ちゃうと思う
それだけ愛しているんだよ
君が想像しているよりも、もっと深く、もっと大きな愛なんだ
見くびってもらっちゃ困る
…試しに、誰か殺してきてあげようか?

真裏の世界で起こる、メンヘラディープラブストーリー

 

大河原準介(作・演出)

 10年間で30万人以上が自殺した国・日本。数字としての自殺者/自殺率は下がってきていますが、決して国全体を包む雰囲気が変わったとは思えません。根強い社会問題であると考えます。

 自分の周りでも、これまでに自ら命を絶った知人・友人がいました。何が、彼らを追い詰めて、一線を点線に変えて、向こう側へと連れて行ったのか。そして彼らは一線を飛び越えただけで、少なからずいく分かの方が、一度は「死にたい」と思ったことがあるのではないでしょうか。

 亡くなった人にしか分からないことかもしれない、その「何か」を生きた人間を描くことも、演劇に出来ることの1つかもしれません。あの日見送った友人、いつの間にか居なくなった彼らに、演劇を通して再会できる。そんな気もしています。

 また今回は、「倉庫」と「元映画館」での公演が実現し、劇場とはまた異なった空間の持つ「澱み」や「侘び寂び」を作品に活かしていきたいと思います。さらにロンドンの「The Yard Theatre」や「The Young Vic」といった劇場にあるような、カフェの併設も試みます。2本立ての合間に、コーヒーや音楽を楽しんだり、一緒に観に来た友人・同じ回を観ていた隣の人と芝居の感想を語り合う。そんな時間が、観劇という行為を「経験」「体験」に引き上げると思います。

 会場に来た人にとって、忘れられない1日にする、そのような公演をめざします。

 
2本立て公演のスケジュール詳細は公式サイトで。

 

(文:エントレ編集部)

 

 

公演情報

演劇企画集団LondonPANDA『ROOM』『MOOR』

【作・演出】大河原準介

【出演】
飯沼由和(言言/仙台シアターラボ) 横山真 瀧原弘子(三角フラスコ) 鳥居志歩 郷内宣子 千石すみれ 浅倉麻里衣 長谷野勇希(えずこシアター) キサラカツユキ 福士永大 渡辺陽(えずこシアター)

2017年11月1日(水)~11月4日(土)/仙台・イベント倉庫ハトの家

公式サイト
演劇企画集団LondonPANDA

プレイガイドで検索
演劇パス ぴあicon ローチケicon

演劇企画集団LondonPANDAの関連商品を検索
Amazon イーオシバイ


こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2017 Village Inc.