2017.8.28

三宅裕司が市長となってカジノの誘致合戦に挑む!劇団SET「カジノ・シティをぶっとばせ!!」が10月上演



劇団SET「カジノ・シティをぶっとばせ!!」
劇団SET 舞台「カジノ・シティをぶっとばせ!!」フライヤー
 

三宅裕司、小倉久寛率いる劇団スーパー・エキセントリック・シアターの舞台「カジノ・シティをぶっとばせ!!~丁半コマ揃いました~」が、10月13日からサンシャイン劇場で上演される。

 
劇団スーパー・エキセントリック・シアター(通称SET)はわかりやすくて誰もが楽しめるサービス精神旺盛な芝居を目指し、三宅裕司、小倉久寛らを中心に1971年に結成。アクション、ダンス、歌、笑いをふんだんに取り入れる作風で、唯一無二のポジションを確立している劇団だ。

今回上演される「カジノ・シティをぶっとばせ!!」は、カジノ法案を題材に社会的なテーマがありながらも歌、ダンス、アクション、笑い満載の娯楽作品となっている。
 


 

STORY

国会でカジノ法案が可決されたのを受け、京都市長の清水(三宅)は、故郷である京都の田舎町・梶野(かじの)町を盛り上げるため、カジノの候補地への立候補を決める。
反対派の抵抗や、利権が目的だ!といった疑惑に晒されつつも、清水は故郷を盛り上げたいという一心で熾烈な誘致合戦に挑んでいく。
そんな彼に、幼馴染であり多数の芸妓を抱える置屋のボス・伏見(小倉)が協力を申し出る。
伏見の発案で日舞や華道を取り入れた京都ならではのプレゼンを敢行、お台場など他の候補地には真似できない方法で町をアピールする。 
そして、当初の予想を覆し、見事プレゼンに勝利!過疎化に悩んでいた小さな田舎町が歓喜に包まれる!

だが、この誘致合戦の裏には、ある大きな陰謀が渦巻いていた・・・!?

 
あらすじを読むだけでハチャメチャで楽しそうだ。
詳細は公式サイトで。

 

(文:エントレ編集部)

公演情報

劇団スーパー・エキセントリック・シアター 第55回本公演「カジノ・シティをぶっとばせ!!~丁半コマ揃いました~」

【脚本】吉高寿男
【演出】三宅裕司
【発案】牛澤昇
【出演】三宅裕司、小倉久寛、劇団スーパー・エキセントリック・シアター

2017年10月13日(金)~10月29日(日)/東京・サンシャイン劇場

公式サイト
劇団スーパー・エキセントリック・シアター 第55回本公演「カジノ・シティをぶっとばせ!!~丁半コマ揃いました~」

プレイガイドで検索
チケットスペース ぴあicon ローチケicon

劇団スーパー・エキセントリック・シアター の関連商品を検索
Amazon イーオシバイ


こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2017 Village Inc.