2017.8.10

座・大阪市民劇場による市民参加型・世代間交流ステージ「また逢う日まで」が8月26日に神戸で上演



座・大阪市民劇場 第22回公演「また逢う日まで」
座・大阪市民劇場 第22回公演「また逢う日まで」

 

劇団 座・大阪市民劇場による市民参加型の舞台「また逢う日まで」が8月26日(土)に神戸ポートオアシスにて上演される。

 
座・大阪市民劇場は、一般公募(5歳~80歳迄)で集まったメンバーで、6~8ヶ月間、毎週一回 稽古をして1本の作品を仕上げる。公演上演後は解散する期間限定の劇団だ。

今までの参加者は演劇に興味はあるけれど全く関わったことがなかった方、演技経験者で色んな公演に出演したい方、夢いっぱいの小学生、学生、何かに挑戦したかった主婦、商社マン、親子参加、79歳の男性など、幅広い世代が参加してきた。
演劇を通しての世代間の交流、地域間交流を趣旨に活動を続けている。

 
今回は、8月26日(土)に神戸ポートオアシスで「また逢う日まで」という演目を上演する。

 
座・大阪市民劇場 第20回公演の舞台写真
第20回公演 舞台写真

 

STORY

ここは天国の待合室、鐘が鳴って、生まれて行く者、死んでいく者達が交差し過去を振り返る処、生まれていた時はモグラだった、ミミズだったと話している。
・・・それらとは別に、医者と患者と赤ちゃん達が自分の人生を話す。
だが、天国の鐘は鳴って、また、生まれて行く者、死んで来た者達が交差する・・

 

  

河田よし江(座・大阪市民劇場実行委員)

約半年間、稽古を行ってきた 第22回 座・大阪市民劇場メンバーが遂に公演本番を迎えます、決して、プロ顔負けとは言えませんが、それぞれの個性が光り、感動を与える。そんな舞台をメンバー全員で作り上げて行きます♪ 現在、次回公演に向けて新メンバーを募集中!ご予約&お問い合わせは公式HPより受付中!

 
『自分も演劇をやってみたい!』と思っている方は、観に行ってみてはいかが?
詳細は公式サイトで。

 
(文:エントレ編集部)

公演情報

座・大阪市民劇場 第22回公演「また逢う日まで」

【日程】
8月26日(土)昼の部:15:00開演 夕の部:18:00開演
前売券:お弁当&ドリンク付券 3000円 
観劇のみ券 2000円
当日:2500円(当日は観劇券のみ)
場所:神戸ポートオアシス(阪急JR三ノ宮駅より約徒歩15分)

公式サイト
座・大阪市民劇場 第22回公演「また逢う日まで」

プレイガイドで検索
公式サイト ぴあicon ローチケicon

また逢う日まで の関連商品を検索
Amazon イーオシバイ


こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2017 Village Inc.