2017.8.7

身体・声・音楽が躍動する野外音楽劇『~奇想 竹取物語~ KAGUYA』が8月26日、27日に小布施ハイウェイオアシスで上演



NPO法人 劇空間夢幻工房プロデュース公演「NAGANO open-air THEATER 2017  ~奇想 竹取物語~ KAGUYA ver.2017」
NPO法人 劇空間夢幻工房プロデュース公演「NAGANO open-air THEATER 2017 ~奇想 竹取物語~ KAGUYA ver.2017」の公演チラシ表面
 

NPO法人劇空間夢幻工房プロデュースによる野外劇「NAGANO open-air THEATER 2017~奇想 竹取物語~ KAGUYA」が、8月26日、27日に小布施ハイウェイオアシスで上演される。

 
劇空間夢幻工房は、1999年11月に橋詰孝博と青木由里が中心になり結成。
毎年恒例となっている野外劇を今年も上演する。

今回は2011年に上演した「KAGUYA」を2017年バージョンとして上演。月の姫“カグヤ”を巡るお話を、総勢100名余りのキャスト・スタッフが渾身の力で作り上げる。作・演出は2018信州総文祭の総合開会式プロデューサーを務める青木由里。

 


 

STORY

今は昔。遠い西方の国から東方の理想郷ニライカナイへ、不老不死の仙薬を求めてやって来た鬼武者軍団と、東の島の民・古人(いにしえびと)の愛と葛藤の物語。

月の姫“カグヤ”は、天女“ムン”が体験したオモロ星での記憶を覚醒させ狂わせた罰として、オモロ星(地球)に流罪となる。月の精に誘われ、カグヤが辿り着いたのは小さな島。月の記憶が消えたカグヤは、記憶を失った瀕死の女と遭遇し、血の涙で救う。島の住民・古人たちは、カグヤが女を蘇らせたのを目撃し、神と崇め奉る。2人は古人に歓迎され、島に住みつく。この島は平らかな世を愛する女の国だった。
それから15年後、西方国の帝の命令により、鬼武者軍団が東方の島へ不老不死薬を探しに出港。表向きは移民船で、女・子どもが大勢乗船。軍団の頭はタタラ、道案内は学者のマムシと呪術師リキ、リキに拾われて育ったタケルもいる。タケルは幼い頃、父を目前で惨殺され母を連行されるという悍ましい過去があり、それ以来、憎しみのオモロ(思い)が棲みつき、血を見ると荒ぶる命が発動するという狂気を抱えていた。タケルが乗船した目的は、戦いの最中、命を救ってくれたタタラへの恩返し。そんなタケルの唯一の楽しみは父の形見の竹笛を吹くこと。
移民船は大嵐に遭遇し転覆。生き残った者が流れ着いたのはカグヤが住む女の島だった。女・子どもたちは古人に救われる。鬼武者は、不老不死薬の在り処を探すことに躍起となる。
薬に興味のないタケルはリキへの不信から行動を別にする。
タケルは島を彷徨い、自分と同じ笛を持つカグヤに出会い、血の涙を流すカグヤに興味を抱く。不老不死薬は いずこに・・・タケルとカグヤの運命は いかに――

 

青木 由里(NPO法人劇空間夢幻工房理事長・演出家)

物質至上主義に傾いていた経済大国日本。しかし、東北大震災そして大自然の脅威を目の当たりにして、人間にとって真に必要なものは何かをずっと考え続けています。今夏は、日本の現状を踏まえ、竹取物語と秦の始皇帝伝説を下敷きにして、「生と死」「罪と罰」を探究しながら創作しました。

漆黒の闇が広がる野外舞台で繰り広げられる音楽・ダンス・歌・芝居のコラボレーション。出演者は6歳~50代までの総勢60名、うち40名以上による殺陣のシーンも見どころの一つです。世代を超えたキャスト・スタッフ総勢100名余でおおくりする壮大な夢幻パラレルワールドを、ごゆっくりご堪能ください。

 
なお、本編開演前にはシンガーソングライター清水まなぶによるライブが行われるとのこと。
詳細は公式サイトで。

 

チケットプレゼント!

本作のチケット引換券をプレゼントします!

日時:8月27日(日)18:30 開演の回

「観たい!」と思った方は以下のフォームからご応募ください!

※応募〆切:8月13日(日)23:59 ※当選人数:2人 ※当選の発表は発送を持って代えさせて頂きます。応募〆切後、3営業日以内を目安に発送します。 ※チケット引換券には当選者のお名前を記載し、入力して頂いた住所に郵送いたします。第三者への譲渡・転売はできません。
お名前 (必須)
メールアドレス (必須)

※半角英数字で受信可能なメールアドレスを入力してください。
郵便番号(必須)
住所(必須)
電話番号(必須)


 
※「送信」を1回だけ押してください。※自動返信メールが届かない場合、メールアドレスが間違っている可能性があります。

 

(文:エントレ編集部)

公演情報

NPO法人 劇空間夢幻工房プロデュース公演
「NAGANO open-air THEATER 2017 ~奇想 竹取物語~ KAGUYA ver.2017」

2017年8月26日(土)、27日(日)/小布施ハイウェイオアシス・小布施総合公園 特設野外ステージ
開場 17:40 / ライブ 18:05 / 開演18:30

チケット料金
前売:一般¥2,000/高校生以下¥1,700
当日:一般¥2,300/高校生以下¥2,000
《全席自由(一部優先席有)/日時指定なし》

【脚本・演出】青木 由里 (日本演出者協会会員)
【作曲】Mugen Music Project(プロジェクトリーダー/メンター)
【ダンス振付】青木 淳

【生演奏】
バイオリン:牧 美花 / フルート:徳嵩 佐奈恵 / シンセサイザー:中村 ひろ子 / パーカッション:宮澤 康雄
ベースギター:石田 多美子 / ギター:上原 圭 / スチールパン&パーカッション:片桐 紗貴 / 篠笛:愁那

【声楽隊】
miyu* / 和田 久美/ 滝沢 健治

【ダンサー】
青木 淳 / 藤原 千佳

【キャスト】
青木 賢治  坂本真由美  村松沙理亜

佐藤 真也  二本松杏莉  滝澤 里香  春原 佳樹  菊池 侑希  曲尾 実優  滝澤 光輝
滝澤 勇輝  中根 息吹  滝澤 愛佳

秋葉 由美  上山 彩   小田切桂一  大日方 玲  加藤亜紀歩  金子 真也  上福 咲希
上福 真帆  久保田夏実  黒崎 勉   小山まどか  酒井 美紀  佐々木恒美  清水紗央里
下島美智留  高梨いづみ  高梨 唄   高梨ことは  竹内 明   辰野 尚美  田村 守康
塚田 聡志  坪根 衛   寺沢 光璃  徳嵩結乃夏  徳嵩奈乃葉  中野 有彩  奈良 香純
西田 咲子  原  芽   前沢 歩花  村石 優姫

清水 まなぶ (シンガーソングライター)
松本 恭子  (ことたま座)
大久保 学  (演劇裁縫室ミシン)
山崎 到子  (演劇企画集団 0 Gravity)
アンソニー

公式サイト
~奇想 竹取物語~ KAGUYA

プレイガイドで検索
CoRich ぴあicon ローチケicon

KAGUYAの関連商品を検索
Amazon イーオシバイ


こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2017 Village Inc.