2017.7.28

【動画2分】中村獅童「獅童らしい いがみの権太に」11月松竹大歌舞伎で舞台復帰/製作発表レポート



松竹大歌舞伎「義経千本桜 すし屋」に出演する中村獅童
松竹大歌舞伎「義経千本桜 すし屋」に出演する中村獅童
 

病気療養中だった中村獅童が11月1日から上演される松竹大歌舞伎で舞台復帰する。

 
今回上演される演目は「義経千本桜 すし屋」と「釣女」。中村獅童は「すし屋」でいがみの権太を初役で演じる。中村亀鶴、片岡亀蔵などが出演する。

本作の製作発表が行われ、中村獅童登壇した。【動画2分】

 

Youtubeで観る

  

STORY

【義経千本桜】
歌舞伎三大名作の一つとして有名な「義経千本桜」の中でも「すし屋」は、いがみ権太と呼ばれるならず者が迎える悲劇の結末に、親子の情と悲哀を感じる作品です。お里のクドキ、すし桶を構えた権太の引っ込み、そして権太が本心を明かす「モドリ」と言われる趣向など、見どころ溢れる作品です。

【釣女】
狂言の「釣針」をもとにしたこの作品は、わかりやすくユーモラスな内容ですが、松羽目物としても
品格も求められます。大名と美女、太郎冠者と醜女という対比や嫌がる太郎冠者を慕う醜女の愛らしさが可笑しみとともに表現され、誰もが楽しめる微笑ましい常磐津の舞踊劇です。

 
松竹大歌舞伎「義経千本桜 すし屋」に出演する中村獅童
松竹大歌舞伎「義経千本桜 すし屋」に出演する中村獅童

 
中村獅童は「体調は順調に回復しており秋の巡業公演は予定通りやらせて頂きます。初役でいがみの権太をやらせて頂きます。前からやらせて頂きたい役でした。小悪党というか、一人の男が改心していく人間ドラマを是非観て頂きたい。」とコメント。

また、どのように演じるかについては「高麗屋のおじさま(=松本幸四郎)にご指導頂き、小悪党だけどどこか人間らしい権太。獅童らしい権太を作りたい。」と語った。

6月の博多座大歌舞伎と、歌舞伎座での七月大歌舞伎を休まざるを得なかったことについては「楽しみにして頂いていたファンを裏切ってしまったことは役者として苦しかった。しかしながら、病気をしっかりと克服して、舞台でいい芝居を見せてお客さんに喜んで頂く。このことが全てだと思うので、精一杯務めたい。」と11月の公演へ意気込んだ。

本作は11月1日、新潟での公演を皮切りに全国20か所を巡って公演される。
詳細は公式サイトで。
 

(撮影・編集・文:森脇孝/エントレ)

公演情報

松竹大歌舞伎「義経千本桜 すし屋」「釣女」

【出演】

義経千本桜 すし屋
いがみの権太・・・中村 獅童
梶原平三景時・・・中村 亀鶴
弥助実は三位中将維盛・・・中村 萬太郎
娘お里・・・中村 米吉
弥左衛門女房おくら・・・中村 梅花
若葉の内侍・・・澤村 宗之助
鮓屋弥左衛門・・・片岡 亀蔵

河竹黙阿弥 作
釣女(つりおんな)

太郎冠者・・・中村 亀鶴
大名某・・・中村 萬太郎
上臈・・・中村 米吉
醜女・・・片岡 亀蔵

2017年11月1日(水)~11月26日(日)/新潟、宮城、神奈川、埼玉、京都、札幌、大分、長崎、熊本、大分、宮崎、広島、山口、岡山、香川、兵庫、愛知、岐阜、石川、千葉

公式サイト
松竹大歌舞伎「義経千本桜 すし屋」「釣女」

プレイガイドで検索
ぴあicon ローチケicon

中村獅童の関連商品を検索
Amazon イーオシバイ


こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2017 Village Inc.