2017.7.14

柳下大「本当に恐ろしいモノは・・・?」/森新太郎の演出による「怪談 牡丹燈籠」が開幕


 ≫広告掲載のご案内


「怪談 牡丹燈籠」柳下大、川嶋由莉
「怪談 牡丹燈籠」柳下大、川嶋由莉
 

森新太郎 演出による「怪談 牡丹燈籠」が7月14日からすみだパークスタジオ倉で開幕した。出演は柳下大、山本 亨など。

 
「牡丹燈籠」は、三遊亭圓朝によって落語の演目として創作された怪談噺。「四谷怪談」、「番町皿屋敷」と並び、日本三大怪談と言われている。
演出は演劇集団円の森新太郎。出演は柳下大、山本 亨、西尾友樹、松本紀保、太田緑ロランス、青山 勝など。

「怪談 牡丹燈籠」柳下大、松金よね子 
「怪談 牡丹燈籠」柳下大、松金よね子

STORY

浪人の萩原新三郎は、ふとしたことから旗本飯島平左衛門の娘・お露と知り合う。お互いに一目惚れした二人は恋仲となり、そしてお露は夜ごと牡丹燈籠を下げて新三郎の元を訪れ、逢瀬を重ねるのだった・・・。本作品では、新三郎とお露の恋の闇路を中心に、下男・伴蔵とその妻・お峰の欲望の果ての転落、旗本飯島家・奉公人の孝助の仇討、飯島平左衛門の妾・お国と源次郎との不義密通など、サイドストーリーにも焦点をあて、幾重にも絡み合う人間の業を浮かび上がらせます。

 

柳下大
さあ、いよいよ本日開幕します。夏にぴったりの怪談噺。
そして、今回の作品にぴったりの劇場。

本当に恐ろしいモノはなんなのか? 幽霊なのか? 不思議な牡丹灯籠の世界に連れて行きます。

是非見に来てください。あなたの肝を冷やします。

「怪談 牡丹燈籠」柳下大、山本 亨
「怪談 牡丹燈籠」柳下大、山本 亨

 
「ある特徴的な仕掛け」によって芝居が展開していくのだが、この「仕掛け」がとても効果的! 様々な物語がからみ合って、疾走感を持って進んでいくのが見事だった。さて、あなたはどのキャラクターに感情移入するだろうか?

本作は7月30日(日)まで錦糸町にあるすみだパークスタジオ倉で上演される。
詳細は公式サイトで。

 

(文:エントレ編集部)

公演情報

「怪談 牡丹燈籠」

原作:三遊亭円朝
脚本:フジノサツコ
演出:森 新太郎
プロデューサー:綿貫 凜

出演:
柳下 大・山本 亨・西尾友樹・松本紀保・太田緑ロランス・青山 勝・松金よね子・花王おさむ・児玉貴志・原口健太郎・宮島 健・川嶋由莉・新上貴美・井下宜久・升田 茂

2017年7月14日(金)~30日(日)/東京・すみだパークスタジオ倉

公式サイト
「怪談 牡丹燈籠」

プレイガイドで検索
ぴあicon ローチケicon

牡丹燈籠の関連商品を検索
Amazon イーオシバイ


こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2017 Village Inc.