2017.7.12

バストリオ+松本一哉『黒と白と幽霊たち』8月5日から5都市ツアーを開催



バストリオ+松本一哉 舞台「黒と白と幽霊たち」
『黒と白と幽霊たち』公演風景 撮影/黒木麻衣
 

バストリオ+松本一哉のツアー公演『黒と白と幽霊たち』が8月5日から浜松・福厳寺公演を皮切りに長野、金沢、大阪、東京で順次上演される。

 
2010年に旗揚げしたバストリオは、今野裕一郎が全作品の演出を手掛ける劇団。これまでに杉本佳一、minamo、空気公団、滝沢朋恵らとコラボレーションしてきた。

「黒と白と幽霊たち」は、音楽家・打楽器奏者の松本一哉のコラボレーション企画。昨年に東京で初演、大分舞台芸術フェスティバルをはじめ全国4都市を巡回した作品だ。
今回のツアーでは今野裕一郎が監督した『OVER, UNDER, AROUND & THROUGH』も同時上映される。

 

STORY

『黒と白と幽霊たち』は黒と白がはっきりした二項対立の間にある灰色のグラデーションを描きだす物語。
物語の断片として、入道雲の浮かんだ夏の風景、1945年に起きた二度の原爆投下、約300年前の忠臣蔵、家族と海へ行く夢を見る女、生まれ変わる猫の話、天皇の生前退位、よだかの星、世界で起き続けるテロなど、時間や場所を跳躍した物語の断片を、音楽とパフォーマンスによって紡いでいく想像力をめぐる63分のパフォーマンスです。

 

今野裕一郎(バストリオ主宰)

バストリオはこれからは東京だけでなく、様々な土地にいけるようになっていくべきだと思っていて、この『黒と白と幽霊たち』という作品は去年の秋に東京、静岡、京都、福岡、大分をまわりました。さあ、まだ42都道府県が残ってます。日本各地のまだ出会っていない人たちとこの作品を通して出会うことがかけがえのない体験であることはすでに知ってます。今年の夏も役者たちと荷物を車に積みこんでバンドのように会いに行こうと思ってます。

バストリオ+松本一哉 舞台「黒と白と幽霊たち」
『黒と白と幽霊たち』公演風景 撮影/黒木麻衣

 

(文:エントレ編集部)

公演情報

バストリオ+松本一哉 舞台「黒と白と幽霊たち」

【作・演出】今野裕一郎
【出演】稲継美保、中野志保実、橋本和加子、今野裕一郎
【演奏】松本一哉

2017年8月5日(土)~8月6日(日)/浜松・福厳寺 ※映画上映なし
2017年8月10日(木)/長野・かんてんぐら
2017年8月12日(土)/金沢・アートグミ
2017年8月13日(日)/大阪・Flag studio
2017年8月15日(火)/東京・Buoy北千住アートセンター

公式サイト
バストリオ+松本一哉『黒と白と幽霊たち』

プレイガイドで検索
ぴあicon ローチケicon

バストリオの関連商品を検索
Amazon イーオシバイ


 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2017 Village Inc.