2017.7.11

【動画8分】松山ケンイチ「自分を追い込みたい」劇団☆新感線「髑髏城の七人」Season風 製作発表レポート



劇団☆新感線「髑髏城の七人」Season風 製作発表
劇団☆新感線「髑髏城の七人」Season風 製作発表
 

劇団☆新感線「髑髏城の七人」Season風の製作発表が行われ、松山ケンイチをはじめ出演者が登壇し、意気込みを語った。

 
《花》・《鳥》・《風》・《月》とキャストや演出を変えてロングラン上演されることが発表されている劇団☆新感線「髑髏城の七人」。
現在は阿部サダヲらの出演で《Season鳥》が上演されているが、この次に上演される《Season風》の製作発表が行われた。

演出を務めるいのうえひでのり、作の中島かずき、出演の松山ケンイチ、向井理、田中麗奈、橋本じゅん、山内圭哉、岸井ゆきの、生瀬勝久が登壇し、本作にかける意気込みを語った。【動画8分】

 

Youtubeで観る

 

 
2004年に上演された古田新太主演のアカドクロ、市川染五郎主演のアオドクロは、主人公の捨之介と、その宿敵・天魔王を一人二役で演じるのが特徴のひとつだったが、今回上演される《風》ではこの一人二役という形式が復活する。

この一人二役を演じる形式について、作の中島かずきは、「本物が消えて、偽物(影武者)だけが残った時に、その偽物たちはどういう風に生きるのかなということが書きたくて、30歳くらいの時に書いたホンなんです。《風》に関してはそのオリジンに戻ろうと。」と、説明。

また、演出のいのうえひでのりは「《花》が割とシンプル、《鳥》は逆に歌とか踊りを入れてショウアップした感じ。今回はまたシンプルに、ストーリー中心に、影武者の話であるというところで、人間ドラマをきっちりやりたいと思っています。」とコメント。

往年の新感線ファンからすればたまらない形の《風》になりそうだ。
 


[タップで画像を拡大]

 
現在、各プレイガイドで先行販売中だ。一般発売は7月16日(日)10:00から。

 
(撮影・編集・文:森脇孝/エントレ)

公演情報

ONWARD presets 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season風 Produced by TBS

【作】中島かずき
【演出】いのうえひでのり

【出演】
松山ケンイチ 向井理 田中麗奈/橋本じゅん 山内圭哉 岸井ゆきの/生瀬勝久 他

2017年9月15日(金)~11月3日(祝・金) IHIステージアラウンド東京

公式サイト
ONWARD presets 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season風 Produced by TBS

プレイガイドで検索
ぴあicon ローチケicon

髑髏城の七人の関連商品を検索
イーオシバイ


こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2017 Village Inc.