2017.7.11

世界で大絶賛されている光と闇のステージアート! to R mansion 舞台「にんぎょひめ」が8月17日から高円寺で上演!



to R mansion「にんぎょひめ」
宣伝美術:大貫卓也
 

世界中で大人気のパフォーマンスグループ to R mansion最新舞台「にんぎょひめ」が8月17日~20日、座・高円寺1にて上演される。脚本はゴジゲンの目次立樹と松居大悟。

 
to R mansion(トゥーアールマンション)は12カ国74都市の劇場やストリートフェスティバルから招聘され、世界中で大人気のパフォーマンスグループ。昨年、フランスの照明演出家パスカル・ラージリ氏と創作した舞台「The Wonderful Parade」で、第5回世田谷区芸術アワード“飛翔”舞台芸術部門を受賞した。

前作「The Wonderful Parade」のプロモーションビデオ

Youtubeで観る

今回の「にんぎょひめ」では、マイム・アクロバット・ダンス・オブジェなど多様な身体表現を使って、不思議いっぱい、ユーモアたっぷりに描く。出演はto R mansionのメンバーに加え、コンドルズ/CAT-A-TACの藤田善宏などジャンルを超えた多彩な名前が並ぶ。また、脚本はゴジゲンの目次立樹と松居大悟が担当する。

あのフィリップ・ジャンティ作品を長年支えてきたラージリ氏直伝の照明技術、「テアトル・ノアール(闇の演劇)」を使った日本で唯一の舞台 としても一見の価値があるだろう。

 

上ノ空はなび(to R mansion主宰)

『人魚姫』のお話は、誰もがきいたことがあるでしょう。大人になって、物語の細かい部分を忘れてしまったとしても、心の中にふんわりと存在している人魚姫。皆さんが心に描く人魚姫はどんな姿ですか。19世紀にうまれたこのお話は、長い年月を経てなお、今も世界中の人の心を惹き付けてやみません。人をまっすぐ愛するってとても綺麗で美しいようにみえるけれど、すごく馬鹿馬鹿しくて滑稽にもみえます。人魚姫は純粋な愛で行動するも、やることなすこと上手く行かない道化であるとも言えるのではないでしょうか。
劇場にお越し頂き、美しくポップな「にんぎょひめ」の世界で笑って泣いて、愛嬌たっぷりで一生懸命な人魚姫をぜひ応援してあげて下さい。

 
小春(チャラン・ポ・ランタン)
初めてto R mansionを見た時
初めてサーカスを観た日のことを思い出しました。
貴方たちのショウは、子どもの心を忘れてしまった大人にも、
キラキラした気持ちを取り戻してくれます。
とか偉そうなコメントしちゃってますが私はただのファンです。
私がもし今も大道芸人として生きていたら
こういう人たちのようになりたかった。

 
松居大悟(ゴジゲン主宰/映画監督)
太陽みたいな人たちなんです。
影では本気で悩んで苦しんで、舞台上ではキラキラと驚かして、
見てる人の表情を照らしてくれる。
僕はto R mansionの作品もメンバーも大好きです。

 
なお、親子セット券、シニア割引あり。
杉並区民は杉並子育て応援券が利用可能だ。

チケット詳細は公式サイトで。

 
(文:エントレ編集部)

公演情報

to R mansion プレゼンツ
座・高円寺提携公演 夏の劇場14
「にんぎょひめ」

原作:H・C・アンデルセン
脚本:目次立樹(ゴジゲン)
脚本監修:松居大悟(ゴジゲン)
演出:to R mansion(トゥーアールマンション)
出演:
上ノ空 はなび・野崎 夏世・丸本 祐二郎(to R mansion)
Coppelia Circus 、ヤノミ(小心ズ)、チャタ、佐川 健之輔、遠藤 昌宏
藤田 善宏(コンドルズ/CAT-A-TAC)

2017年8月17日(木)~20日(日)/東京 座・高円寺1

公式サイト
to R mansionプレゼンツ「にんぎょひめ」

プレイガイドで検索
ぴあicon ローチケicon

to R mansion の関連商品を検索
にんぎょひめ イーオシバイ


こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事

 ≫エントレトップへ

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2017 Village Inc.