2017.7.5

楽劇座『ルーシー・フラワーズ』シリーズ最新作<赤ずきん、頭巾を脱いで自由を着る。の巻>新宿にて7月22日から上演



楽劇座『ルーシー・フラワーズ』シリーズ最新作<赤ずきん、頭巾を脱いで自由を着る。の巻>
(C)楽劇座
 

新宿にて定期公演を続けている楽劇座(がくげきざ)の人気シリーズ『ルーシー・フラワーズは風に乗り、まだ見ぬ世界の扉を開けた』の最新作<赤ずきん、頭巾を脱いで自由を着る。の巻>が7月22日(土)~26日(水)に新宿シアターローズセラヴィにて上演される。

 
『ルーシー・フラワーズは風に乗り、まだ見ぬ世界の扉を開けた』は、哲学とブラックユーモアに溢れる、楽劇座の人気シリーズ。

おかしな髪型をした女の子ルーとシーの元に、御伽の国の住人が相談にやってくるのだが、今回の相談者は…?

今回の公演では、過去の『ルーシー・フラワーズ』シリーズの中でも特に人気の高かった物語を完全版として再演する。

現代のストレス社会を生きる全ての大人に贈る「大人のための寓話」。ルーシーファンの方はもちろん、一話完結型なので初めての方でも楽しめる。

 

Youtubeで観る

 

STORY

そこは世界の中心にして世界の果て…緩やかな小さな村の、これまた小さなお家に済む、おかしな髪型をした2人の女の子。

「前髪切りすぎた訳じゃないの、サイドが伸びただけ」
と言い張る2人は、今日もお気に入りのソファの上で地図を片手に世界を旅する。2人のもとには今日も世界を揺るがす?重大な問題が持ち込まれる。

でもちょっと待って!朝食のタルティーヌをまだ食べてないから。
果たして2人は世界を救う事が出来るのか?!

今回の相談者は「御伽の国の住人」である事をやめ、自らの意思で歳を取る事を選んだ赤ずきん。自由とアイデンティティを、自らの力で取り戻せ!!一方、父の愛人問題が解決したばかりの八の字眉幸子も人生の荒波を乗り越えるために、間違った方向に努力をはじめて…。

現代のストレス社会を生きる全ての大人に贈る、華麗なるブラックユーモアの真骨頂を見逃すな!一話完結型なので、初めての方でもお楽しみ頂けます。

 

前回の公演をご覧になったお客様の声

レールの上を歩いているような人生に疑問を持っていました。見た目はpopな作品ですが、内容は深く、これから生きて行くためのヒントになりました。またルーシーのお家に伺いたいです。(30代女性)

とにかく面白くて、あっという間に時間が経っていました。生きているとつい忘れてしまいがちな事を思い出させてくれる『ルーシー・フラワーズ』は私のバイブルです。(20代女性)

エンターテイメント性があるのに大人の鑑賞に耐えうる作品。華やかなヴィジュアルですが、男性にもお勧めしたい舞台です。   

 
楽劇座『ルーシー・フラワーズ』シリーズ最新作<赤ずきん、頭巾を脱いで自由を着る。の巻>
(C)楽劇座

 
本編終了後はミニコンサート『ルーシー・フラワーズの愉快な音楽会』を上演するとのこと。
詳細は公式サイトで。

(文:エントレ編集部)

公演情報

ルーシー・フラワーズは風に乗り、まだ見ぬ世界の扉を開けた<赤ずきん、頭巾を脱いで自由を着る。の巻>&ルーシー・フラワーズの愉快な音楽会

楽劇座第69回公演 舞台「ルーシー・フラワーズは風に乗り、まだ見ぬ世界の扉を開けた<赤ずきん、頭巾を脱いで自由を着る。の巻>&ルーシー・フラワーズの愉快な音楽会」

【作・演出・音楽】關口純
【出演】五條なつき、齋藤蓉子、大西佐依(準座員)、阿久根仁菜(研究生)

2017年7月22日(土)~26日(水)/新宿THEATER Rrose Selavy

公式サイト
ルーシー・フラワーズは風に乗り、まだ見ぬ世界の扉を開けた<赤ずきん、頭巾を脱いで自由を着る。の巻>&ルーシー・フラワーズの愉快な音楽会

プレイガイドで検索
ぴあicon ローチケicon

楽劇座の関連商品を検索
Amazon イーオシバイ


こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事

 ≫エントレトップへ

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2017 Village Inc.