2017.7.4  12

ゴジゲン番外編「なんかすごいSF的なやつ」下北沢・小劇場B1にて7月6日から上演


 ≫広告掲載のご案内


ゴジゲン番外編「なんかすごいSF的なやつ」
左上から、大村まなる、奥村徹也、木村圭介、土田祐太、藤尾勘太郎、堀善雄、目次立樹
 

ゴジゲン番外編「なんかすごいSF的なやつ」が7月6日から下北沢・小劇場B1にて上演される。

 
ドラマ「バイプレイヤーズ」などで注目を集める若手映画監督の松居大悟が主宰する劇団「ゴジゲン」。これまで全作品は松居大悟が作・演出を務めてきたが、今回の番外公演では劇団員で俳優の目次立樹が演出を手掛ける。脚本は堀善雄。

「劇団プレステージ」の大村まなる、劇団「犬と串」の藤尾勘太郎、土田祐太などが出演し、人間味溢れる青春SFコメディを上演する。

 

STORY

自分で言うのもなんだけど、私はすごい科学者だ。
研究してたらなんかすごい発明ができた。これは本当にすごいやつだ。
とにかくもう、やばいやつだ。
どうやばいかっていうと、なんというか、説明すると長くなる感じのやつだ。
こんなのフィクションでしか見たことない。ノーベル賞も夢じゃない。
これならきっと、あいつの想像も超えられる。
だから今からもう一度、あいつに会いに行こうと思う。

 

目次立樹(演出)

ゴジゲンも3年の活動休止期間を経て、今年で復活3年目を迎えます。
近年のゴジゲンはメンバー全員で脚本を書き、ノンフィクションに近い作品を上演してきました。
前作は「なぜ自分たちは劇をしているのか」を掘り下げるうちに演劇の神様を怒らせてしまう話、前々作は3年ぶりに集まったメンバーが活動休止中何をしていたかを話すうちにアパッチ族の賢者を怒らせてしまう話でした。
おそらく今回も何者かを怒らせてしまうのではないかと思います。
人を怒らせることに関しては脚本の堀善雄の右に並ぶ者はいません。
ご期待ください!

ゴジゲン番外編「なんかすごいSF的なやつ」
「なんかすごいSF的なやつ」チラシ

 
なお、7月7日(金)19時公演には主宰の松居大悟がアフターイベントに登壇するとのこと。

 

(文:エントレ編集部)

公演情報

ゴジゲン番外編「なんかすごいSF的なやつ」

【作】堀善雄
【演出】目次立樹
【出演】大村まなる(劇団プレステージ) 奥村徹也(劇団献身) 木村圭介(劇団献身) 土田祐太 藤尾勘太郎(犬と串) 堀善雄 目次立樹
【日程】2017年7月6日(木)~10日(月)
【会場】下北沢 小劇場B1

公式サイト
ゴジゲン番外編「なんかすごいSF的なやつ」

プレイガイドで検索
ぴあicon ローチケicon

ゴジゲンの関連商品を検索
Amazon イーオシバイ

 シェアする

 ツイート

 シェアする


 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2019 Village Inc.