2017.6.30

【動画1分】新・ピーターパン 吉柳咲良が「I’m Flying」を爽やかに歌唱!



鶴見辰吾、吉柳咲良、神田沙也加、宮澤佐江
ミュージカル「ピーターパン」製作発表 鶴見辰吾、吉柳咲良、神田沙也加、宮澤佐江
 

ミュージカル「ピーターパン」の製作発表が行われ、10代目ピーターパンを演じる吉柳咲良(きりゅう さくら)が劇中曲を歌唱披露した。

 
「ピーターパン」は1904年にロンドンで初めて上演。1954年にはアメリカ・ブロードウェイで「ウェスト・サイド・ストーリー」「屋根の上のヴァイオリン弾き」等を手掛けたことで知られているジェローム・ロビンス演出・振付によりブロードウェイミュージカルとして上演。

そして日本では1981年、榊原郁恵主演により初めてミュージカル「ピーターパン」が上演された。
以来、37年にわたって上演されてきた本作が今年もやってくる。

 
今回の演出を務めるのは藤田俊太郎。
出演は吉柳咲良、神田沙也加、宮澤佐江、入絵加奈子、久保田磨希、石井正則、鶴見辰吾など。

本作の製作発表が行われ、10代目のピーターパンを演じる吉柳咲良(きりゅう さくら)が劇中の代表曲「I’m Flying」を歌唱披露した。【動画1分】

 

Youtubeで観る

 
演出の藤田俊太郎は「僕が生まれて初めて観たミュージカルが、5歳の時に見たピーターパンでした。その時に観たピーターパンの光と影が忘れられずにずっと今までピーターパンに憧れていました。演出家としてピーターパンを演出することは僕の夢でした。ファンタジーでありながら、現代性を持ったピーターパンにしたいと思います。様々な仕掛けを用意したので、みなさんに楽しんで頂けたらと思っています。」とコメント。
「ジャージー・ボーイズ」や「手紙」など、ミュージカルの演出で実績を残してきた藤田俊太郎の【仕掛け】が楽しみだ。

ミュージカル「ピーターパン」製作発表より
ミュージカル「ピーターパン」製作発表フォトセッションより

 
本作は7月24日から東京国際フォーラム ホールCで上演された後、静岡、大阪で上演される。

(撮影・編集・文:森脇孝/エントレ)

公演情報

ミュージカル「ピーターパン」

【原作】ジェームズ・M・バリ
【作詞】キャロリン・リー
【作曲】ムース・チャーラップ
【翻訳/訳詞】青井陽治

【演出】藤田俊太郎

【出演】
吉柳咲良 ・・・ピーターパン
神田沙也加・・・ウェンディ
宮澤佐江・・・タイガー・リリー
入絵加奈子・・・ダーリング夫人
久保田磨希・・・ライザ
石井正則・・・スミー  

鶴見辰吾・・・フック船長/ダーリング氏

萬谷法英 笠原竜司 章平 大音智海
高田亜矢子 天羽尚吾 鈴木亜里紗 滝川華子 鈴木麻祐理
大竹尚 小山圭太 笹岡征矢 白石健太
三浦莉奈
福田徠冴 桑原愛佳(※) 山田樺音(※) (※)Wキャスト

2017年7月24日~8月3日/東京・東京国際フォーラム ホールC
2017年8月5日(土)、6日(日)/静岡・静岡市清水文化会館マリナート 大ホール
2017年8月12日(土)、13日(日)/大阪・梅田芸術劇場メインホール

公式サイト
ミュージカル「ピーターパン」

プレイガイドで検索
ぴあicon ローチケicon

ピーターパンの関連商品を検索
Amazon イーオシバイ


こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2017 Village Inc.