2017.6.13

【動画1分】坂本昌行×野々すみ花 舞台「君が人生の時」が開幕



舞台「君が人生の時」野々すみ花
舞台「君が人生の時」野々すみ花
 

坂本昌行、野々すみ花らが出演する舞台「君が人生の時」が新国立劇場 中劇場で開幕した。

 
本公演は新国立劇場が「日本の演劇がどのように西洋演劇と出会い進化してきたか」をテーマにした企画の第11弾。

ウィリアム・サローヤンによる「君が人生の時」は、1939年ニューヨークにて初演。ニューヨーク劇評家賞とピュリッツァー賞を受賞(本人は辞退)した作品だ。

演出は新国立劇場の演劇芸術監督を務める宮田慶子。翻訳は『星ノ数ホド』の翻訳で、小田島雄志・翻訳戯曲賞を受賞した浦辺千鶴が手掛ける。

V6の坂本昌行、元宝塚歌劇団・宙組トップ娘役の野々すみ花に加え、丸山智己、橋本淳、木場勝己などが出演する。

本作のプレスコールが行われ、劇中の一部のシーンが公開された。動画はこれをダイジェストにしたもの。【動画1分】

 

Youtubeで観る

 

STORY

舞台はサンフランシスコの波止場の外れにある、安っぽいショーを見せるニック(丸山智己)が経営する場末の酒場。そこには様々な事情を抱えた客がやって来ては去っていく。ピアノの名手、ダンサー、港湾労働者、哲学者、警察官、娼婦……。誰もがそれぞれの想いを抱えながら酒を飲み、本音をポツリと語り、時の流れに身を委ねる。
若く美しい放浪者のジョー(坂本昌行)は、いつからかこの店にやって来て毎日朝から晩までシャンパンを飲んで過ごす不思議な男だった。この店で出会いジョーの弟分となったトム(橋本 淳)は、客の一人、自称女優の魅惑的な女性キティ(野々すみ花)に恋しているが思いを打ち明けられずにいた。

 


[タップして画像を拡大]

 
本作は7月2日まで新国立劇場で上演される。
詳細は公式サイトで。

 
(文:エントレ編集部)

公演情報

舞台「君が人生の時」

【作】ウィリアム・サローヤン
【翻訳】浦辺千鶴
【演出】宮田慶子

【出演】
坂本昌行 野々すみ花
丸山智己 橋本 淳 下総源太朗 沢田冬樹 中山祐一朗 石橋徹郎 枝元 萌
瀬戸さおり 渋谷はるか RON×Ⅱ かみむら周平 林田航平 野坂 弘 二木咲子
永澤 洋 寺内淳志 坂川慶成 永田 涼 澤山華凛 三浦涼音  
一柳みる 篠塚 勝 原 金太郎 木場勝己

2017年6月13日(火)~7月2日(日)/新国立劇場 中劇場

公式サイト
舞台「君が人生の時」

プレイガイドで検索
ぴあicon ローチケicon

宮田慶子の関連商品を検索
Amazon イーオシバイ


こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2017 Village Inc.