2017.6.2

鈴木拡樹 舞台「煉獄に笑う」で浅田舞が女優に初挑戦! 妖艶なビジュアルが公開


 ≫広告掲載のご案内


舞台「煉獄に笑う」浅田舞
舞台「煉獄に笑う」浅田舞
 

鈴木拡樹 出演舞台「煉獄に笑う」に、フィギュアスケーターの浅田舞が出演。女優に初挑戦する。

 
大人気コミックス「煉獄に笑う」唐々煙著(マッグガーデン刊)が舞台化され、8月24日からサンシャイン劇場で上演される。

脚本・演出は西田大輔。鈴木拡樹、崎山つばさ、前島亜美などが出演する本作に、フィギュアスケーターの浅田舞が遊女かつ情報屋の弓月役を演じる。女優にはこれが初挑戦となる。

 

STORY

~存分に吠えてやろう この乱世に 笑ってやろう 煉獄とやらに~
時は天正、戦国乱世の真っ只中。 300年に一度、日ノ本最大の湖・琵琶湖に甦るといわれる伝説の化物「大蛇(おろち)」。
その「大蛇」には絶大な力が宿るという言い伝えがある-
時の武将たちは、それぞれに、大蛇の絶大なる力を追い求めていた。
織田家家臣・羽柴秀吉の命を受け、大蛇に繋がる髑髏鬼灯(どくろほおずき)の謎に挑む小姓・石田佐吉(後の石田三成)。大蛇に関わりがあるとされる曇神社八代目当主・曇芭恋と阿国を巻き込んで、織田家の対抗勢力、伊賀・百地家当主・百地丹波との一戦を向かえる-

 

浅田舞

初のセリフ有りの舞台で、今からドキドキですし、他のキャストの皆さんにご迷惑をかけないよう、頑張ります!
また、原作がコミックで、その中の役を演じるのも初めてのことなので、良く作品を理解し、自分なりの弓月を作り上げられればと思っています。


[タップで画像を拡大]

当初予定していたチケットが完売したことを受けて、以下の日程で追加公演が行われる。

東京の追加公演
8月29日(火)13時公演、9月1日(金)13時公演(2公演)

大阪の追加公演
9月8日(金) 19時公演(1公演)

 
チケット詳細は公式サイトで。

 
(文:エントレ編集部)

公演情報

舞台「煉獄に笑う」

【脚本・演出】 西田大輔 【原作】 「煉獄に笑う」唐々煙(掲載「月刊コミック ガーデン」/WEBコミック「MAGCOMI」)
【テーマソング】和楽器バンド「雪よ舞い散れ其方に向けて」(エイベックス・エンタテインメント)

【出演】 鈴木拡樹/崎山つばさ/前島亜美/小野健斗 納谷健 碕理人 林田航平 釣本南/山下聖菜 村田洋二郎 平塚真介
東慶介/中村誠治郎/浅田舞/吉野圭吾・角川裕明(Wキャスト)

2017年8月24日(木)~9月3日(日)/東京・サンシャイン劇場
2017年9月8日(金)~9月10日(日)/大阪・森ノ宮ピロティホール

公式サイト
舞台「煉獄に笑う」

プレイガイドで検索
ぴあicon ローチケicon

煉獄に笑うの関連商品を検索
Amazon イーオシバイ


こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2017 Village Inc.