2017.5.17

からあげ棒の霊と戦う少女たち!? トリコロールケーキが贈る「怖くないホラー」2年ぶりの再々演


 ≫広告掲載のご案内


トリコロールケーキケーキ 第9回公演 舞台『アイアイアイアイ』
『アイアイアイアイ』公演フライヤーより(デザイン:南 綾希子)
 

ナンセンスコメディ劇団・トリコロールケーキの第9回公演『アイアイアイアイ』が、6月8日からの3日間、サラヴァ東京で上演される。

 
トリコロールケーキは、現在の演劇界では少数派となった、ナンセンスコメディを上演する劇団。「ツッコミが無い」「飛躍あふれる筋書き」「チープで独創的な自作音楽」などの個性を武器に、活動を続けている。

近年では、俳優の前野朋哉、映画監督の石井裕也らの参加で話題となった『甘い匂い(2016)』を上演したほか、下北沢本多劇場の主催・セレクションによる『第1回・本多劇場祭り(2017)』にも参加。
また、コント芸人とコメディ劇団の競演イベント『テアトロコント』の常連でもあるなど、神出鬼没の活動ぶりを見せている。

そんなトリコロールケーキの次回公演の演目は『アイアイアイアイ』。劇団人気作の2年ぶりの再々演だ。
初演『アイアイ(2014)』、再演『アイアイアイ(2015)』に続き、タイトル内の「アイ」が またひとつ増えた。

 

『アイアイアイ』公演写真。なにかが「いよいよ」といったシーン。
『アイアイアイ』公演写真。なにかが「いよいよ」といったシーン。

STORY

文化祭間近の少女たちに襲いかかる、からあげ棒の霊。
「おかしいよ……ここは学校……セブンイレブンじゃない……!」
少女たちの震えをよそに、からあげ棒の霊は、カラリと揚がり続ける――

 

今田健太郎(トリコロールケーキ 脚本・演出・音楽)

再々演です。初演後には「実は隠れファンなんです」と声をかけてくださる方が増え、再演後には「あの……実は隠れファンです」と声をかけてくださる方が増えました。とにかく隠れたりしないでほしい。それが本音ですが、そもそもわたしたちの作風に「これは隠れたほうがよさそうだ」と思わせるなにかがあるのかもしれず、だとしたらすみません。
ライブハウスでお送りする今回の公演は、そんな隠れファンの方がようやく隠れる必要を感じなくなるような、たとえば青空の下で「わたしはトリコロールケーキのファンなのだ!」と叫べるような、シンプルかつ躍動感たっぷりなものにするつもりです。ホラーなのに。
意気込みは強く、すでにいま、出演者全員が「躍動」を漢字で書けます。

 
ちなみに、再演時の上演台本はトリコロールケーキの公式WEB SHOPで購入可能。

『アイアイアイアイ』は6月8日からの3日間、サラヴァ東京にて上演される。

(文:エントレ編集部)

公演情報

トリコロールケーキケーキ 第9回公演 舞台『アイアイアイアイ』

【企画・プロデュース】鳥原弓里江(トリコロールケーキ)
【脚本・演出・音楽】今田健太郎(トリコロールケーキ)
【出演】今田健太郎、南綾希子(トリコロールケーキ)、香西佳耶(トリコロールケーキ)、上埜すみれ(鮭スペアレ)、神戸アキコ、後藤のどか、滑川喬樹(ロ字ック)

2017年6月8日(木)~6月10日(土)/東京・サラヴァ東京

公式サイト
舞台『アイアイアイアイ』

プレイガイドで検索
ぴあicon ローチケicon


こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事

 ≫エントレトップへ

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2017 Village Inc.