2017.3.29

ブルドッキングヘッドロック 新作短編3作品を4月16日から上演/創作の「進捗状況」を公開中


 ≫広告掲載のご案内


その25『雪ロード埋没』メインビジュアル
その25『雪ロード埋没』メインビジュアル
 

喜安浩平が主宰する劇団ブルドッキングヘッドロックの舞台「コンストラクション ダイアグラム・オーバー ザ ディメンション~108の、建設と解体を繰り返す未遂の構想について~」が2017年4月に下北沢・小劇場B1にて上演される。

キャッチコピーは「できるのか上演。そういう企画です。」。

脚本の構想から執筆・その宣伝方法に至るまで、【20代】【30代】【40代】の3チームに分かれた劇団の俳優達が喜安浩平と議論を重ね、60分程度の短編を創作。
面白くなければタイトルさえ解体してしまう意気込みで、”おかしみ”を未来に残すための、「年数を重ねても上演に耐えうる強い作品」作りに挑む。

 
 

STORY

【その25】『雪ロード埋没』 高校生 × 大雪の駅舎 × 戯れの時間
駅。誰も来ない、窓も扉も白く塗りつぶされた空白の駅。
息。その子が喋るたび、溢れそして溶けていく純白の息。

「立ってみて。そこでいいから」

女子が5人。来ない電車を待ちながら、僕に囁きかける女子が5人。

「して、ちゃんと。言うとおりに」

雪。下校する僕らを、凍らせて離さない重たい雪。
湯気。ストーブの上、拷問のように炙られる薬缶の湯気。
見られている。試されている。頬は冷たく、どこかは熱い。

「キミってさ…」

豪雪に閉ざされた 駅舎で、無邪気で残酷な、あの子たちの【実験】が始まる…。

 
【その38】『遮光婦人』 夫婦 × お茶会 × 幸せな生活
マンハッタン団地の皆様

私たちはこの団地で本当に素敵な時間を過ごすことが出来ました。
自治会の方々も皆様優しく、この団地を選んで本当によかったねと主人と話しておりました。
中でも毎週木曜日のお茶会はとても楽しく、ここで過ごした私たちの一番の思い出です。
団地の真ん中にある、大きな桜が咲くのをとても楽しみにしておりました。

本当に残念です(;-;)

親切にしてくださったマンハッタン団地の皆様、本当にありがとうございました!
ここで過ごした1ヶ月は生涯忘れません!
バイバイマンハッタン!バイバイ!もう二度と!

 
【その41】『やさしい男』 同級生 × カーラジオ × 拾われた箱
こんにちは。40代の主婦です。

先日、同じ町内にいながら、10年以上いっさい連絡を取り合う事のなかった同級生から突然連絡がありました。「会わないか」と言うのです。実は昔、私はその人に告白をされ、断った事があります。告白しているのか謝っているのか、ふざけているのかわからない、そんな人でした。

私は、会う事にしました。

久しぶりに会った彼は、すっかりおじさんになっていました。(お互い様ですね)そして、当時と変わらぬ媚びた笑顔で、私に「これを預かってくれないか」と言ったのです。

彼の大事そうに抱えた箱。その蓋を開けると、むせ返る様な獣の臭いがしました。彼は、「ごめんね」と言いながら、もう一度、媚びるように笑いました。箱の中の生き物が、鳴いたような気がしました。

今、その人と車に乗っています。私は、どこへ向かっているのでしょう。

(R.N はなまる子)

プレイベント・公開脚本開発会議(略して4K)『ブループリント~設計図~』の様子
プレイベント・公開脚本開発会議(略して4K)『ブループリント~設計図~』の様子

 
これら作品の建設と解体の過程は、特設WEBページ「現場」にて随時公開されているので、「進捗」状況を確認してみては?

特設WEBページ「現場」

(文:エントレ編集部)

公演情報

ブルドッキングヘッドロック Extra number
『コンストラクション ダイアグラム・オーバー ザ ディメンション』
~108の、建設と解体を繰り返す未遂の構想について~

作:喜安浩平とブルドッキングヘッドロック
演出:喜安浩平

2017年4月16日(日)~22日(土)@下北沢・小劇場B1

【出演】
その25『雪ロード埋没』
浦嶋建太 葛堂里奈 鳴海由莉 二見香帆 橋口勇輝 髙橋龍児 平岡美保 山田桃子

その38『遮光婦人』
はしいくみ 津留崎夏子 藤原よしこ猪爪尚紀 岡山誠 竹内健史 
/和田瑠子 河西裕介(Straw&Berry)

その41『やさしい男』
永井幸子 篠原トオル 喜安浩平 /山崎カズユキ 森戸宏明(動物電気)

【タイムテーブル】
4月
4日(火)◎『下見』13:00【25】/16:00【38】/19:00【41】
5日(水)◎『下見』12:00【38】/15:00【41】/18:00【25】
16日(日)◎『内覧会』 13:30【41】/16:30【38】/19:30【25】
17日(月)14:00【25・38】/ 19:00【38・41】
18日(火)14:00【25・41】/ 19:00【25・38】
19日(水)14:00【38・41】/ 19:00【25・38】★乾杯
20日(木)14:00【25・38】/ 19:00【25・41】
21日(金)14:00【38・41】/ 19:00【25・41】
22日(土)14:00【25・38・41】
23日(日)◎『108の、反省と展望』12:30
※各回2作品を上演。22日(土)のみ、3作品を上演する特別公演。

◎公開通し稽古『下見』…通し稽古と修正作業の様子を公開。会場:絵空箱(江戸川橋)
◎公開ゲネプロ『108内覧会』…劇場での最終リハーサルの様子をご覧いただけます。
◎アフターイベント『108の、反省と展望』…本公演を映像とともに振り返り、この先の展望を語ります。会場:池袋メイス
★ネタバレ呑み会『乾杯』…終演後、喜安と出演者のざっくばらんなトークをご一緒に。

【チケット料金】(全席整理番号付き自由席)
●公演本編(4/17~22):前売券 3,700円/千秋楽3作品通し券 4,700円
●公開通し稽古『下見』(4/4,5@絵空箱):前売券 1200円(1D込み)/リピート割 500円
●『内覧会』(4/16@小劇場B1):前売券 2000円:3作品通し券 4000円
●『108の、反省と展望』(4/23@池袋メイス):前売券/1500円

【チケット取扱い】
●ブルドッキングヘッドロック http://www.bull-japan.com/
●カンフェティ http://www.confetti-web.com/ 0120-240-540(平日10:00~18:00)
●イープラス http://eplus.jp/(PC/携帯)

公式サイト
ブルドッキングヘッドロック


 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2017 Village Inc.