2017.3.15

【動画2分】勘九郎「台本が面白い」と太鼓判! 蓬莱竜太の新作歌舞伎「夢幻恋双紙 赤目の転生」成功祈願レポート



新作歌舞伎「夢幻恋双紙 赤目の転生」成功祈願
新作歌舞伎「夢幻恋双紙 赤目の転生」成功祈願
 

蓬莱竜太による新作歌舞伎「夢幻恋双紙 赤目の転生」の成功祈願イベントが赤坂氷川神社で行われた。

 
十八代目中村勘三郎の”芸能の街・赤坂で歌舞伎を!”という一言から始まり、勘九郎・七之助がその遺志を継いできた「赤坂大歌舞伎」第5弾となる今回は、新作歌舞伎「夢幻恋双紙 赤目の転生」を上演する。

作・演出は鶴屋南北戯曲賞を受賞したばかりの蓬莱竜太。
出演は中村勘九郎、中村七之助、片岡亀蔵など。

気が弱くパッとしない男・太郎(勘九郎)が、歌(七之助)との恋がきっかけで、自分を変えようと転生を繰り返すという奇想天外なお話だ。

 

STORY

時は江戸時代。気が弱くパッとしない性格の男・太郎(勘九郎)が、隣に越してきた歌(七之助)に恋をした。
寝たきりの父と、酒と博打に溺れる兄・源乃助に苦労している彼女を何とかしたいと思った太郎は、
決して不幸にしないと誓って歌と夫婦になる。
しかし、数年後、太郎は仕事が上手くいかず引きこもり状態となっていた。
逃げ腰の太郎に歌が告げる。「あなた変わらないと。尊敬させて」。
その言葉に反発して家を飛び出した太郎。
そこに源乃助が現れ、太郎は殺されてしまう。
が、気づくと結婚前に時間が戻っていた。太郎は生まれ変わったのである。それも屈強な男に。
そして、今度こそ歌を幸せにすると誓う太郎。愛した女を幸せにするために転生を繰り返す男の運命は──!?

 
本作の成功祈願が赤坂氷川神社で行われた。
動画は囲み取材を収録したもの。【動画2分】

 

Youtubeで観る

 
 
作:中島かずき、演出:いのうえひでのりの「阿弖流為」、脚本:リリー・フランキー、演出:三池崇史の「座頭市」、脚本・演出:横内謙介の「ワンピース」など、昨今新しい歌舞伎が数多く登場し成功を収めているが、こちらも見逃せない作品になりそうだ。

本作は4月6日から赤坂ACTシアターで上演される。

(撮影・編集・文:森脇孝/エントレ)

公演情報

赤坂大歌舞伎
「夢幻恋双紙(ゆめまぼろしかこいぞうし)~赤目の転生」

【作・演出】蓬莱竜太

【出演】
太郎   中村勘九郎
歌    中村七之助
剛太   市川猿弥
静    中村鶴松
末吉   中村いてう
源乃助  中村亀鶴
善次郎  片岡亀蔵

2017年4月6日(木)~4月25日(火)/東京・赤坂大歌舞伎

赤坂大歌舞伎「夢幻恋双紙(ゆめまぼろしかこいぞうし)~赤目の転生」 公式サイト
ぴあでチケットを購入icon
ローチケでチケットを購入icon


こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2017 Village Inc.