2017.3.1

舞台と映像が絡み合う回想コメディ! 参画ノマド「触れては浮かぶハイライト」が3月24日から大森山王フォレストで上演



参画ノマド「触れては浮かぶハイライト」
参画ノマド「触れては浮かぶハイライト」
 

舞台・コントグループ参画ノマドの本公演「触れては浮かぶハイライト」が3月24日から大森山王フォレストにて上演される。

 
参画ノマドは2016年に結成された舞台・コントグループ。
脚本を担当する堀口泰生はこれまでに、仕掛けにこだわりコメディ性に特化した作品を上演。

2015年の第4回クォータースターコンテスト(QSC)では以下の動画「不適なロケーション」を投稿し、当時審査員を務めていた鴻上尚史や、CINRA.NET編集長の柏井万作に評価され、優秀作品賞を受賞した。


作品ページで観る
QSC過去大会の結果まとめ

 
そんな参画ノマドの本公演「触れては浮かぶハイライト」が3月24日から大森山王フォレストにて上演される。

団体初となる今回の公演は、4人の役者が繰り広げる「回想コメディ」。舞台と劇中映像が絡み合う密室劇になるとのこと。

 
詳細は公式サイトで。

(文:エントレ編集部)

公演情報

参画ノマド第一回本公演 舞台「触れては浮かぶハイライト」

【脚本・演出】堀口泰生

【出演】川舩晃平/堀口泰生/西野真澄/野田眞奈美(國學院大學演劇研究会)

【映像出演】
阿部りん/小川葉/亀田明希望/金原詩歩(アンティークス)/榊原萌/中野太二(軟式チョージューギガ)/藤本悠希/増田悠那/水崎龍磨(総合学園ヒューマンアカデミー新宿校) ほか

2017年3月24日(金)~3月26日(日)/大森・大森山王フォレスト

公式サイト
参画ノマド「触れては浮かぶハイライト」

プレイガイドで検索
ぴあicon ローチケicon


こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2017 Village Inc.