2017.2.20

舞台「NINAGAWA・マクベス」が7月に再演/香港・イギリス・シンガポール公演も


 ≫広告掲載のご案内


NINAGAWA・マクベス
NINAGAWA・マクベス フライヤービジュアル
 

蜷川幸雄が手掛けた「NINAGAWA・マクベス」が6月の香港公演を皮切りに埼玉、ロンドン、シンガポールなどで上演される。出演は市村正親、田中裕子など。

 
故・蜷川幸雄によるマクベスは1980年、故・平幹二朗がマクベスを演じて初演。その後、1985年・スコットランドで行われた「エジンバラ国際フェスティバル」での公演が好評を博し、海外からの招聘が増えて行くことになる。

 

上演記録

1980年2月 東京・日生劇場[マクベス平幹二朗・マクベス夫人栗原小巻]
1985年3月 大阪・国立文楽劇場/8月オランダ・アムステルダム、イギリス・エジンバラ[〃]
1987年9月 イギリス・ロンドン/12月 東京・帝国劇場[マクベス津嘉山正種・マクベス夫人栗原小巻]
1989年4月 静岡県護国神社屋外公演[〃]
1990年10月 カナダ・オタワ/アメリカ・ニューヨーク[〃]
1992年6月 シンガポール/7月沖縄コンベンションセンター[〃]
1997年5月 大阪・近鉄劇場[マクベス北大路欣也・マクベス夫人栗原小巻]
1998年10月 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール/11月北海道厚生年金会館/埼玉・川口リリアホール[〃]
2015年9・10月 Bunkamuraシアターコクーン[マクベス市村正親・マクベス夫人田中裕子]

 
2015年には17年ぶりに「NINAGAWA・マクベス」として市村正親と田中裕子の出演で復活。2016年5月12日に蜷川幸雄は亡くなったが、遺志を継いだキャスト・スタッフが今回再び「NINAGAWA・マクベス」として上演する。

市村正親と田中裕子のコメントがこちら。

 

市村正親

稽古では幾多のダメ出しを受けて、公演に入り、最後、台本にサインをお願いしたら、「頑張った。蜷川幸雄」と書いてくれました。これからも自分が演じる背景には、常に蜷川さんの魂が傍にいるような気がします。『NINAGAWA・マクベス』で海外公演に一緒に行けないのは無念だけど蜷川魂をこの胸に抱き、乗り込みたいと思っています。マクベスを本場ロンドンでというとプレッシャーは普通なら感じるでしょうが、僕には二-ナがついている。胸を張って乗り込みたいと思っています!

 
田中裕子

『NINAGAWA・マクベス』の稽古場で蜷川さんは「忘れないで。僕はいつもここに居るから。ここから見てるから」と、おっしゃいました。
あの稽古場でまた稽古を積み直し、市村さんのもと皆で、2017年の再演に向かいます。
楽しみにしていらしたイギリス公演にも、蜷川さんと一緒に挑みたいと思います。

 

6月23日(金)から香港公演が上演。
その後、日本では埼玉で7月13日(木)から上演。8月の佐賀公演を経て、10月にロンドン公演を予定している。

埼玉公演のチケットは4月22日(土)から一般発売される。

(文:エントレ編集部)

公演情報

NINAGAWA・マクベス

演出:蜷川幸雄
作:ウィリアム・シェイクスピア

出演:
マクベス 市村正親
マクベス夫人 田中裕子
バンクォー 辻萬長    (「辻」のしんにょうは一点しんにょう)
マクダフ 大石継太 
ダンカン王 瑳川哲朗

2017年6月23日(金)~25日(日)/香港 Grand Theatre, Hong Kong Cultural Centre  
2017年7月13日(木)~29日(土)/埼玉・彩の国さいたま芸術劇場 大ホール
2017年8月5日(土)・6日(日)/佐賀・鳥栖市民文化会館 大ホール 
10月5日(木)~8日(日)/ロンドン/Barbican Theatre 
10月13日(金)・14日(土)/プリマス/Theatre Royal Plymouth 
シンガポール公演予定

NINAGAWA・マクベス 公式サイト
ぴあでチケットを購入icon
ローチケでチケットを購入icon


こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事

 ≫エントレトップへ

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2017 Village Inc.