2017.1.31  34

舞台『SENGOKU WARS ~RU・TEN エピソード 2 ~猿狸合戦』 チラシビジュアルが公開


 ≫広告掲載のご案内


「SENGOKU WARS」 ~RU・TEN エピソード 2 ~猿狸合戦 チラシビジュアル
舞台『SENGOKU WARS ~RU・TEN エピソード 2 ~猿狸合戦』 チラシビジュアル
 

舞台『SENGOKU WARS ~RU・TEN エピソード 2 ~猿狸合戦』が、2月25日、26日に東京芸術劇場シアターイーストで上演される。本作のチラシビジュアルが公開された。

 
本作は2014 年年末、明治座にて上演された、黒田官兵衛主人公の物語「るの祭典」の続編。

今回は、黒田官兵衛が主として抱き、心に決めた男“羽柴秀吉”のその後の物語が繰り広げられる。

出演は辻本祐樹、鳥越裕貴、蒼木陣、二瓶拓也、碕理人、加藤啓。
脚本は赤澤ムック、演出は佐々木充郭が手掛ける。

 

【あらすじ】
時は戦国。本能寺の変から約2年。清州会議を経た、賤ヶ岳の戦いから更に後。
信長の後を継いで、この戦乱の世で「天下人」となるのは一体誰か…誰よりも心優しく、貧しいものが殺されていく世の中を嘆き、
自分がこの世界を、殺されていく人たちを守りたいと心に誓った、あの羽柴秀吉は…変わっていた。天下が近くなればなるほど、秀吉は
強かに、そして少しずつ冷酷に。しかしそんな秀吉に、人々は従い始める。同じころ。天下統一を目指す戦に名乗りを上げた男が。
彼の名前は徳川家康。人を動かす能力に秀吉以上に長けた男。じりじりと頭脳戦を繰り広げる、秀吉と家康の猿と狸の化かし合い
合戦の決着とは…?更に、大阪城築城へと動き出した秀吉の想いとは…。

 
【主な登場人物】
羽柴秀吉(辻本祐樹)… 天下をとるために次第に冷酷・非情になっていく主人公
徳川家康(鳥越裕貴)… 腹黒で強かな頭の切れる武将。
天下を目指す秀吉にとって邪魔でありつつ逆に互いにとって利用しあえる仲でもある。
前田利家(蒼木陣) … 秀吉の親友。自分が居なければ、秀吉はおかしくなってしまうと心配している。
石川数正(二瓶拓也)… 徳川軍の軍事機密を知り尽くす家康の側近。
織田信雄(碕理人) … お坊ちゃま。天下を取るのは自分であると信じ、天下をとらせてくれる方につこうと秀吉と家康の間
でうろうろしている。
なか、朝日姫、ねね/服部半蔵(加藤啓)… 秀吉を支える女たち/家康の側近。

 
チケットの一般発売は2月4日(土)から。

 
(文:エントレ編集部)

公演情報

舞台『SENGOKU WARS~RU・TENエピソード2~猿狸合戦』

【脚本】赤澤ムック
【演出】佐々木充郭
【出演】辻本祐樹、鳥越裕貴、蒼木陣、二瓶拓也、碕理人、加藤啓

【日程】2017年2月25日、26日公演
2 月 25 日(土)12:00/15:00/18:00/2 月 26 日(日)12:00/15:00
【劇場】東京芸術劇場シアターイースト

 
【日替わりゲスト】
2 月 25 日(土)12:00 黒田官兵衛(小林且弥)
2 月 25 日(土)15:00 重太郎(白又敦)
2 月 25 日(土)18:00 石田三成(安西慎太郎)
2 月 26 日(日)12:00 織田信長(滝口幸広)
2 月 26 日(日)15:00 竹中半兵衛(木ノ本嶺浩)
※日替わりゲスト…本編中、あるシーンにて、秀吉が毎回ゲストと語りあいます。
時には過去を思い出し、時には目の前の仲間に素直な気持ちを。
時には幽霊だったり?そして時には心の離れてしまった仲間と…。

舞台『SENGOKU WARS~RU・TENエピソード2~猿狸合戦』 公式サイト
ぴあでチケットを購入icon
ローチケでチケットを購入icon


こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2018 Village Inc.