2017.1.17

横山裕主演の妄想歌謡劇「上を下へのジレッタ」/中川翔子・浜野謙太など全キャストを発表


 ≫広告掲載のご案内


「上を下へのジレッタ」に出演する中川翔子、浜野謙太、本仮屋ユイカ、竹中直人
「上を下へのジレッタ」に出演する中川翔子、浜野謙太、本仮屋ユイカ、竹中直人
 

倉持裕演出、横山裕主演の妄想歌謡劇「上を下へのジレッタ」の全キャストが決定した。

 
「上を下へのジレッタ」は、1968年に「漫画サンデー」に連載された、手塚治虫漫画の中では珍しい、知る人ぞ知る異色作。
マスコミ社会を舞台に人間の欲望を風刺し、今では現実となったヴァーチャル・リアリティの世界を独特の表現で創り出すなど、手塚治虫らしい文明批判がしっかりと込められている作品だ。

 
演出は倉持裕。幼いころに読み、衝撃を受け、主人公のキャラクターが自身の作品世界に多大な影響をもたらしているという本作を、自らの手で戯曲化。
さらに本作の演出も手掛け、新ジャンルともいえる“妄想歌謡劇”として創り上げる。

主演は、歌手だけでなく、俳優としても映画・ドラマ・舞台と幅広く活躍する横山裕。つねに野心満々で、己の欲望に飲み込まれて破滅するエゴイスト、という強烈なダークヒーロー・門前市郎に挑む。

 

新たに以下のキャストが発表

不器量な容姿のため覆面歌手として活動していたが、空腹になると絶世の美女に変身するという歌手・小百合チエに中川翔子。
チエの恋人で、妄想の世界である“ジレッタ”を生み出す作品のキーパーソン、山辺音彦に浜野謙太。

門前のブレーンであり、元恋人で、別れた後もなにかと世話を焼いてしまう間リエに本仮屋ユイカ。
門前が再起をかけて来日させたアメリカの大物ミュージカルスター、ジミー・アンドリュウスに馬場徹。

門前の宿敵のライバル、大手芸能プロダクション社長に銀粉蝶。
門前の依頼でジレッタのスポンサーとなる有木足に竹中直人。

手塚治虫の異色作とされる本作がどのように舞台化されるのか楽しみだ。
チケットの一般発売は3月12日(日)から。
 

(文:エントレ編集部)

公演情報

妄想歌謡劇「上を下へのジレッタ」

【原作】手塚治虫
【脚本・演出】倉持 裕
【音楽】宮川彬良

【出演】
横山 裕 中川翔子 浜野謙太 本仮屋ユイカ
小林タカ鹿 玉置孝匡 馬場 徹 銀粉蝶 竹中直人 他

2017年5月7日(日)~6月4日(日)/東京 Bunkamuraシアターコクーン

妄想歌謡劇「上を下へのジレッタ」 公式サイト
ぴあでチケットを購入icon
ローチケでチケットを購入icon


こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2017 Village Inc.