2017.1.6

TPAMフリンジ参加作品 永守輝如舞踏公演「をどるいのち」が2月16日に三鷹・星のホールで上演


 ≫広告掲載のご案内


舞踏公演「をどるいのち」
永守輝如舞踏公演「をどるいのち」
 

次世代の舞踏家として注目を集めている永守輝如の舞踏公演「をどるいのち」が2月16日に三鷹市芸術文化センター 星のホールで上演される。

 

永守輝如

俳優として十数年活動後、舞踏に出会い大野一雄舞踏研究所にて大野慶人に舞踏を学ぶ。

舞踏の本質を受け継ぎながらも独自のメソッドを取り入れた踊りは肉体を変貌させるだけでなく空間も変貌させる。
圧倒的な存在感、壮大なエネルギーによる舞踏研究所体感した観客は何故だかわからないけど涙が止まらなくなり号泣してしまうこともある。

ぜひ永守輝如の舞踏を体験して欲しい。

 
大野慶人

「新しい時代に向けた新しい舞踏が必要です。この公演に期待します。」

 
(文:エントレ編集部)

公演情報

TPAM2017フリンジ参加作品
永守輝如舞踏公演「をどるいのち」

三鷹市芸術文化センター 星のホール
2017年2月16日 19時半開演

【料金】3000円

永守輝如舞踏公演「をどるいのち」 公式サイト
【チケット】ライブポケット https://t.livepocket.jp/e/6ye-0


 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2017 Village Inc.