2016.12.19

【動画3分】生田絵梨花がミュージカル「ロミオ&ジュリエット」の名曲を稽古場で熱唱!


 ≫広告掲載のご案内


ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」稽古場より 左から生田絵梨花(乃木坂46)、大野拓朗
ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」稽古場より 左から生田絵梨花(乃木坂46)、大野拓朗
 

古川雄大、生田絵梨花(乃木坂46)らが出演するミュージカル「ロミオ&ジュリエット」の公開稽古が行われ、劇中曲の一部が歌唱披露された。

 
ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」は、シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」をミュージカル化したもの。2001年にフランスで初演し大成功をおさめ、その後、スイス、ベルギー、ロンドン、モスクワ、ウィーンなど世界中で上演され続ける人気作だ。
日本では2010年に宝塚歌劇団が大阪・博多で初演。2011年には小池修一郎の潤色・演出で上演、2013年にも再演を果たした人気作だ。

今回のキャストがお披露目された製作発表動画はこちら

2013年版でのロミオは城田優、古川雄大、柿澤勇人。ジュリエットはフランク莉奈、清水くるみというキャストだったが、今回はロミオ役は古川雄大、大野拓朗、ジュリエット役は生田絵梨花(乃木坂46)、木下晴香に。

また、ロミオの親友・ベンヴォーリオ役は馬場徹、矢崎広。マーキューシオ役は平間壮一、小野賢章。敵対するティボルト役には、渡辺大輔、広瀬友祐。死のダンサーには、大貫勇輔、宮尾俊太郎(Kバレエカンパニー)が出演する。

 
本作の公開稽古が行われ、「いつか」「バルコニー」「世界の王」の3曲が報道陣向けに公開された。

 

Youtubeで観る

 

 
歌唱披露後の囲み取材でジュリエットを演じる生田絵梨花は、「ジュリエットははかなさや、切ない部分が多く見えていたが、やればやるほど相当な強さを出していかないといけない役だと思った。常に考えて、強く演じられたら」とコメント。生田ならではのジュリエット像を描いているようだった。

ロミオを演じる大野拓朗は「ロミジュリのファンの一人としてこの舞台をお見せできるのが楽しみ。観に来てくださった方々が一生の思い出に残るような舞台を作りたい。」と意気込んだ。

本作は年明け、2017年1月15日から東京・赤坂ACTシアターで開幕。その後、大阪・梅田芸術劇場メインホールでも上演される。

(撮影・編集・文:森脇孝/エントレ)

公演情報

ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」

【原作】ウィリアム・シェイクスピア
【作・音楽】ジェラール・プレスギュルヴィック
【潤色・演出】小池修一郎
【振付】KAORIalive、小尻健太

【キャスト】
ロミオ:古川雄大 / 大野拓朗
ジュリエット:生田絵梨花(乃木坂46) / 木下晴香
ベンヴォーリオ:馬場徹 / 矢崎広
マーキューシオ:平間壮一 / 小野賢章
ティボルト:渡辺大輔 / 広瀬友祐
死:大貫勇輔 / 宮尾俊太郎
キャピュレット夫人:香寿たつき
乳母:シルビア・グラブ
神父:坂元健児
モンタギュー卿:阿部裕
モンタギュー夫人:秋園美緒
パリス:川久保拓司
ヴェローナ大公:岸祐二
キャピュレット卿:岡幸二郎
ほか

2017年1月15日(日)~2月14日(火)/東京・赤坂ACTシアター
2017年2月22日(水)~3月5日(日)/大阪・梅田芸術劇場 メインホール

ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」 公式サイト
ぴあでチケットを購入icon
ローチケでチケットを購入icon

この記事はお役に立てましたか?
以下の「フォローする」を押してください! あなたのフェイスブックに演劇情報(ときどき舞台動画)をお届けします! よろしくお願いします!!(エントレ編集部)


 ≫広告掲載のご案内

Tag (キーワード)

この記事を書いたのは

森脇孝
エントレの代表者。撮影・編集・記事の作成まで、いろんなことを担当しています。今でも忘れられない芝居は、NODA・MAP「半神(1999)」、劇団☆新感線「蛮幽鬼(2009)」、イキウメ「散歩する侵略者(2011)」など。京都出身。

前の記事と次の記事

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



ロフトネットストア
Copyright 2017 Village Inc.