2016.12.12

吉田大八 演劇企画第2弾「クヒオ大佐の妻」が2017年5月~6月に芸劇で上演


 ≫広告掲載のご案内


舞台「クヒオ大佐の妻」 写真右から吉田大八、岩井秀人
舞台「クヒオ大佐の妻」 写真右から吉田大八、岩井秀人
 

映画監督の吉田大八が脚本・演出を務める舞台「クヒオ大佐の妻」が2017年5月~6月に東京芸術劇場シアターウエストで上演される。

 
2013 年『桐島、部活やめるってよ』(12)で第 36 回日本アカデミー賞「最優秀監督賞」、「最優秀作品賞」を受賞し、その後も『紙の月』(14)など話題作を数多く手掛けている映画監督 吉田大八。

吉田大八は2013年に本谷有希子の小説『ぬるい毒』を、夏菜、池松壮亮の主演で舞台化し好評を博した。

当時の囲み取材の動画

舞台「ぬるい毒」DVDはこちらで販売中
 

舞台「クヒオ大佐の妻」仮チラシ
舞台「クヒオ大佐の妻」仮チラシ

そして今回の演劇企画第2弾のタイトルは「クヒオ大佐の妻」。
クヒオ大佐」と言えば、堺雅人主演で吉田自身がメガホンを取った映画作品だ。当時映画には「妻」は出てこなかったが、今回は前作とは全く違う、新しい視点から捉え直した舞台作品になるという。

今回発表された出演者は、ハイバイの岩井秀人。
タイトルロールともいえる「妻」役は、上記のチラシではグリグリと塗りつぶされていてわからない。
年明けに発表されるとのことで、一体どんなキャスティングがなされるのか楽しみだ。

 

(文:エントレ編集部)

公演情報

舞台『クヒオ大佐の妻』

【作・演出】吉田大八
【出演】主演(2017年1月発表予定。乞うご期待?)、岩井秀人 他
2017年5月~6月 東京芸術劇場 シアターウエスト

【チケット発売日】 2017年3月下旬
【主催】ヴィレッヂ


こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2017 Village Inc.