2016.11.25

【動画1分】芝居巧者同士の白熱する駆け引きがたまらない!舞台「スルース」が11月25日に開幕



舞台「スルース」 写真左から西岡德馬、新納慎也
舞台「スルース」 写真左から西岡德馬、新納慎也
 

トニー賞受賞の推理劇「スルース~探偵~」が11月25日から新国立劇場で上演される。

  
本作品はアンソニー・シェーファーによって1970年に書かれたサスペンス。ロンドンとニューヨークでロングランを重ねたのち71年にはトニー賞演劇作品賞やエドガー賞を受賞。日本では1973年に劇団四季によって初演。1972年、2007年に映画化もされている傑作だ。

今回はパルコプロデュースによって、キャスト違いの2バージョンが作られる。
最初に上演されるのが、西岡德馬×新納慎也バージョン。もう一つは、西岡德馬×音尾琢真というバージョンだ。

本日、西岡德馬と新納慎也によるバージョンのゲネプロが報道向けに公開された。動画はそのワンシーンを切り抜いたもの。【動画1分】

 

Youtubeで観る

 

 
登場人物は二人だけ。芝居巧者2人による会話がなんともスリリングで引き込まれていく展開だった。推理ものなので多くは言えないが、同じパルコプロデュース、同じ2人芝居で「オレアナ」という舞台があったが、あの時のような緊迫感、ストーリーの面白さがあった。

本作は11月25日(金)、新国立劇場小劇場で開幕。
2バージョンあるので、見比べてみるのも楽しそうだ。

(撮影・編集・文:森脇孝/エントレ)

公演情報

パルコ・プロデュース公演『スルース~探偵~』

【作】アンソニー・シェーファー
【翻訳】常田景子
【演出】深作健太
【出演】西岡德馬 新納慎也 音尾琢真(TEAM NACS)

【探偵バージョン】西岡德馬 新納慎也
2016年11月25日 (金) ~12月11日(日)/東京・新国立劇場 小劇場

【スルースバージョン】西岡德馬 音尾琢真(TEAM NACS)
2016年12月17日(土)~12月28日(水)/東京・新国立劇場 小劇場
2017年1月14日(土)/福岡・ももちパレス
2017年1月16日(月)/名古屋・日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
2017年1月18日(水)/仙台・電力ホール

パルコ・プロデュース公演『スルース~探偵~』 公式サイト
ぴあでチケットを購入icon
ローチケでチケットを購入icon


こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2017 Village Inc.